【新車】KTMのハイキング・エンデューロ「FREERIDE 250 F」2020年モデルが12月に発売

※記事内画像はすべて欧州仕様かつイメージです。

KTM Japanは、「KTM FREERIDE 250 F」2020年モデルを、2019年12月に全国のKTM正規ディーラーにて発売する。

KTM FREERIDE 250 FはFREERIDINGの理想に100%コミット。競技にも使用されるエンデューロバイクのKTM 250 EXC-Fのパワープラントをベースとした非常にコンパクトなエンジンを搭載しており、扱いやすさと太いトルクを特徴としている。

最高の操縦性を実現するために、エンジンは特別に設計された軽量シャシーに搭載されており、このパッケージングの利点を最大限に活用している。その結果として、KTM FREERIDE 250 Fの俊敏性は、純粋なトライアルバイクのレベルに近づいた。

フレームのフロント部分は溶接されており、卓越した安定性のために最適化が図られている。リアサスペンションと軽量なリアサブフレームの取り付けに使用される鍛造アルミニウムフレームはメインフレームにボルトで固定されている。

最新型のWP製XPLORフォークとショックアブゾーバーは、豊富なストローク量を持ち、調整域も広くて変更も容易。これらの特徴を持つKTM FREERIDE 250 Fは、誰にでも非常に乗り易い、気軽なハイキング・エンデューロだ。

また、低排出ガスや低い騒音レベル、および林道に優しいMaxxis Trialmaxxタイヤの採用など、細部にまで配慮された非常に環境に優しいモデルに仕上がっている。

【FREERIDE 250F】の新車・中古車を見る

FREERIDE 250 F

メーカー希望小売価格:1,017,000 円(車輌本体、10%税込)

■主な特徴

・6 速トランスミッションとトルク重視型の特性を備えた最先端の超小型4ストロークエンジン
・耐摩耗鋼製バスケットとダイヤフラムスプリングを備えた油圧DSクラッチ
・クロームモリブデン鋼と鍛造アルミニウム製の複合フレーム、ポリマー製のリアサブフレーム
・CNC加工のトリプルクランプ、250mmのストローク量を持つWP製XPLOR 43アジャスタブルフロントサスペンション
・260mmのストローク量を持つWP製XPLOR PDSアジャスタブルリアショックアブゾーバー
・わずか98.5kgの車輌重量(燃料含まず)
・セルスターターと軽量なリチウムイオンバッテリー
・偏心マウントされた調整可能なフットペグ
・陽極酸化アルミニウムリムのGiant製フロント21インチ、リア18インチスポークホイール、CNC加工ハブ
・Maxxis Trialmaxx タイヤ(フロント、リア)

<主要諸元>

■エンジン型式:水冷4ストローク単気筒
■総排気量:249.91cc
■始動方式:セルスターター式
■変速機:6速
■燃料供給方式:EFI(Keihin 製スロットルボディΦ42mm)
■サスペンションF/R
F:WP製XPLOR倒立フォークΦ43mm
R:WP製XPLOR PDSショックアブゾーバー
■タイヤF/R
F:2.75-21”
R:4.00-18”
■車輌重量:約98.5kg(燃料除く)

※主要諸元の値はEU仕様のものとなります。日本仕様では値が異なる場合があります。

【FREERIDE 250F】の新車・中古車を見る

情報提供元 [ KTM Japan ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. とうとう本気だす。 WebikeスタッフのSHOESです。今回は走りに言及しつつ、実際乗ってみ…
  2. 2019年8月、アメリカのユタ州ボンネビルで開催された「Bonneville Motorcy…
  3. ライダーがお互いの位置を共有可能に ナビタイムジャパンは、2019年12月6日(金)より、…
  4. ※画像は公式サイトのスクリーンショット BMW Motorradは、対象の新車を購入するともれ…
ページ上部へ戻る