【新車】ハスクバーナ史上初のツアラー「NORDEN 901 CONCEPT」がEICMAで発表 新たに10モデルが初公開

ハスクバーナ・モーターサイクルズは、イタリアのミラノで開催されたEICMA 2019で、新たに10モデルをアンベールした。今回、ハスクバーナが新たな時代を迎えてから、最も多くの新型モデルが展示された。

今回公開された新モデルは、ハスクバーナ史上初のツアラー「NORDEN 901 CONCEPT」、アップデートされた「VITPILEN」「SVARTPILEN」シリーズ、徹底的な改良が施された「701 SUPERMOTO」「701ENDURO」、新たにラインナップされた長距離用「701 ENDURO LR」、グラハム・ジャービスのエルツベルグロデオ優勝を記念した「TE 300i JARVIS EDITION」。

また、2020年にMoto3世界選手権に再び参戦し、マックス・ビアッジがオーナーであるマックスレーシングチームを正式にサポートすることを発表。ロマノ・フェナティとアロンソ・ロペスが使用するオフィシャルマシン FR 250GP がEICMAで独占公開された。

現時点での新型モデルの日本導入は未定となっている。

【ハスクバーナ】の新車・中古車を見る

以下プレスリリースより


NORDEN 901 CONCEPT

ハスクバーナ・モーターサイクルズのアドベンチャーツーリングバイクの考え方を示した NORDEN 901 CONCEPT は、独特のモダンなデザイン、長年に渡るラリーの経験に基づいた先進のエルゴノミクスとパフォーマンスを備えたダイナミックなツインシリンダーモーターサイクルです。
多用途の長距離エクスプローラーマシンのコンセプトであり、卓越したストリートパフォーマンスとオフロードパフォーマンスを兼ね備えています。クラスをリードする軽さとパワー供給システムは、熟練したライダーによる妥協のないライディングを可能にするよう正確に配置され、多用途で扱いやすいパッケージとなっています。快適な乗り心地と合理的でハイエンドの最新装置を搭載したこのバイクは、毎日の通勤から究極のアドベンチャーライディングまで様々な使い方ができます。

テクニカルハイライト

・スリムで軽量なエクスプローラーマシン:アドベンチャーライディング用の特別な調整が施された889.5ccパラレルツインエンジン
・オフロード性能とツーリング能力の理想的なバランス:21インチのフロントホイール、18インチのリアホイール
・快適性を追求したエルゴノミクスと信頼感のある楽しいハンドリング
・高品質の WP 製サスペンションコンポーネント

VITPILEN 701 および SVARTPILEN 701

▲VITPILEN 701

▲SVARTPILEN 701

▲SVARTPILEN 701

生産開始から、それぞれ3年と2年が経過した VITPILEN 701と SVARTPILEN 701 は、斬新なデザインのモダンな外観をより魅力的にする新しいカラー、トリム、グラフィックスを纏いました。74hpを発揮するハイパフォーマンスの692.7cc単気筒エンジンは、マシンのダイナミックなハンドリングとエキサイティングなライディング体験を提供します。燃料を除いた重量はそれぞれわずか158kgと161kgで、ともに調整可能なサスペンション、新しいスポークホイールとCNC加工されたフットレストを装備しています。

テクニカルハイライト

・パワフルでトルクのある692.7cc、74hp、72Nm、単気筒エンジン
・ダイナミックで軽量な高性能シャシー
・スポークホイール
・印象的な新しいグラフィック、トリム、ペイント仕上げ
・CNC加工されたフットレスト
・クラッチレスでアップダウンが操作できるイージーシフト

VITPILEN 401 および SVARTPILEN 401

▲VITPILEN 401

▲SVARTPILEN 401

パワフルで扱いやすい373cc、43hpの単気筒エンジンを搭載した VITPILEN 401 と SVARTPILEN 401 は、ダイナミックなシャシー、扱いやすいサイズと軽量な車体のおかげで、郊外のライディングだけでなく、街中のライディングにも適しています。2020年モデルには、40mm延長された新しいボルトオンサブフレームが搭載されており、リアシートの快適性を向上させています。また、新しい高品質の塗装仕上げとグラフィックスは先進的なデザインを際立たせています。

テクニカルハイライト

・パワフルかつ扱いやすい373cc、43hp、37Nm、単気筒エンジン
・リアシートの快適性を向上させる40mm延長したサブフレーム
・印象的な新しいグラフィックス、トリム、ペイント仕上げ
・VITPILEN 401:151kg(燃料除く)
・SVARTPILEN 401:152kg(燃料除く)
・LEDヘッドライトとテールライト

701 SUPERMOTO / 701 ENDURO / 701 ENDURO LR

▲701 SUPERMOTO

▲701 SUPERMOTO

▲701 ENDURO

▲701 ENDURO

今年のEICMAには、最新の電子制御ライダーアシスト装置を搭載した 701 SUPERMOTO および 701 ENDURO モデルも展示されています。コーナリングABS、リーンアングルセンサー付きトラクションコントロール、ライドモード、イージーシフト(アップ&ダウン)が標準装備されており、最高のパフォーマンスに見合った最高レベルの安全性を備えています。どちらのモデルも非常にバランスが取れており、卓越した俊敏性とハンドリングを提供します。
トルクフルな74hpの単気筒692.7ccエンジンは、“ライドバイワイヤ”スロットルを備えており、非常にリニアなパワーデリバリーを提供します。新しいマシンには、独自の先進的な新しいグラフィックスが採用されています。

▲701 ENDURO LR

ハスクバーナ・モーターサイクルズの人気モデル 701ENDURO から派生した新型 701 ENDURO LR(ロングレンジ)は、701 ENDURO と同じ先進の電子制御装置を備えていますが、長距離ライディングを好むライダーのための追加機能が装備されています。軽量で機敏なマシンに、12リットルの補助燃料タンクを追加し、総燃料容量を25リットルとしたことで、エンデューロ走行をエンドレスに続けられるかのような、極めて長い航続走行距離を実現しました。

テクニカルハイライト

・切替え可能なライドモード:走行中にパワー特性を変更
・ボッシュ製コーナリングABS:リーンアングルセンサー付き
・イージーシフト(アップ&ダウン):シフト時間の短縮と後輪トラクションの改善
・リーンアングルセンサー付きモーターサイクルトラクションコントロール:最適な後輪トラクション
・新しいグラフィックスとスリムなボディワーク:入念に設計されたエルゴノミクス

TE 300i JARVIS EDITION

レジェンドに対する賛辞である新しい TE 300i JARVIS EDITION は、新たなライディンググラウンドの探索や、未踏の地へ行くのに最適なマシンです。信頼できる2ストロークエンジンは管理が極めて容易です。電子燃料噴射装置、スムーズなパワーデリバリーと非常に機敏なシャシーを組み合わせたリミテッドエディションの TE 300i は、その RockstarEnergy Husqvarna Factory Racing のグラフィックスに見合うクラス最高レベルのパフォーマンスを提供します。

テクニカルハイライト

・ブラックフレーム
・追加リブ付きの黒いシートカバー
・Supersprox製の青いリアスプロケット
・フロントディスクプロテクター
・青いチェーンガイド
・グレーのグリップ
・Rockstar Energy Husqvarna Factory Racingグラフィックス

FR 250GP

※諸元の値はEU仕様のものとなります。
※「EICMA 2019」で発表となった新型モデルの日本導入は現時点では未定です。

情報提供元 [ ハスクバーナ・モーターサイクルズ・ジャパン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. とうとう本気だす。 WebikeスタッフのSHOESです。今回は走りに言及しつつ、実際乗ってみ…
  2. 2019年8月、アメリカのユタ州ボンネビルで開催された「Bonneville Motorcy…
  3. ライダーがお互いの位置を共有可能に ナビタイムジャパンは、2019年12月6日(金)より、…
  4. ※画像は公式サイトのスクリーンショット BMW Motorradは、対象の新車を購入するともれ…
ページ上部へ戻る