ホンダ、EICMA2019(ミラノショー)にコンセプトモデル「CB4X」を出展

Hondaの英国現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッドは、イタリア・ミラノで開催されているEICMA 2019(ミラノショー、プレスデー:11月5日~6日、一般公開:11月7日~10日)で、ヨーロッパ地域の研究開発拠点であるHonda R&D Europe(ローマ)によるコンセプトモデルを出展したことを発表した。

CB4XはCBR650Rのエンジンを搭載したクロスオーバースタイルを思わせるスポーツツーリングモデル。燃料タンクが前方に迫り出す一方、フロントカウルと一体となったアジャスタブルスクリーンによって、一体感のあるデザインとなっている。最小限のラインで躍動感のあるデザインを表現し、アルミ製のサブフレームによって、短くシャープなリアデザインを実現した。

CB4X

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ペダル付きバイクのモペッド。日本では50年以上も前に流行った事があるそうだ。時を経て登場した…
  2. NEXCO中日本と中日本エクシス株式会社は、E1 東名高速道路 浜名湖サービスエリア(静岡県…
  3. 合流・分岐が連続するため、走行注意 NEXCO中日本 名古屋支社が建設を進めてきたE1A …
  4. 前回:#01エポックメイキングな機種編 直列4気筒ニーゴーの名機が続々と生み出された’…
ページ上部へ戻る