シングルとマルチも出揃って最近250が面白くなってきた!

【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】

見応え十分だった東京モーターショー

今年の東京モーターショーは面白かった。2輪の出展はほぼ国産4メーカーだけだったが、展示スペースは広く内容にも熱意が感じられたし、例年以上に盛り上がったと思う。

ついにベールを脱いだスーパーチャージド「Z H2」は想像以上の完成度だったし、来夏以降に国内発売が決まったミドルアドベンチャー「テネレ700」は跨っただけで手の内感が伝わってきた。スズキ恒例のMotoGPマシン「GSX-RR」のフルバンク展示も迫力満点だったし、現代に蘇ったハンターカブ「CT125」はそのまま乗って帰りたいほど愛らしかった。普段はクルマにしか関心のない層にも「バイクもなかなか面白いぞ!」と良いアピールができたのではないか。

▲Kawasaki「Z H2」

▲YAMAHA「テネレ700」

▲SUZUKI「GSX-RR」

▲Honda「CT125」

現代のスーパーマルチはどんな夢を見させてくれるのか

と、満足できた今年の東京モーターショーだが、その中でも個人的に印象深かったのは250ccクラスの2台。カワサキ「ZX-25R」とスズキ「ジクサー250」だ。「ZX-25R」はすでに話題沸騰で、いろいろなメディアでその図抜けたパフォーマンスを予想する記事で賑わっている。何しろ30年ぶりに出た250ccクラスの4気筒スーパースポーツなのだ。前回もふれたが、45psオーバーも期待できる4気筒エンジンはその突き抜ける上昇感やヒステリックなまでの甘美な音色が無上のエクスタシーをライダーにもたらしてくれる。

▲Kawasaki「ZX-25R」

▲SUZUKI「ジクサー250」

【ケニー佐川 関連記事】
最高出力45psオーバーか!? カワサキが直4「ZX-25R」公開!
カワサキ「ZX-25R」の走りを大胆予想!現代に蘇ったマルチクォーターの衝撃とは

思えばかつて2ストレプリカブームが陰りを見せ始めた80年代終盤、各メーカーはその淀んだ空気を振り払うかのように4ストレプリカの開発競争へと突き進んだ。ちなみに当時、市販車を改造したプロダクションレースのTT-F3クラスではNSRなどの2スト250ccとZXRなどの4スト400ccがガチで鎬を削っていた。それほど当時の2ストマシンは凄かったわけだが、一方でそれと同等レベルの走りを4ストで実現しようとしたのが後発のスーパーマルチクォーター達だった。F1のテクノロジーが投入されたCBR250RR、ジェネシス思想の新世代エンジンで2万回転に迫ったFZR250など本気の全力マシンがキラ星のごとく現れた。

自主馬力規制上限の45psはすでに2ストレプリカと同レベルで、豊かな低中速トルクなんて目もくれず、回転馬力の最後の一滴までも絞り出そうとするエンジン。その悲鳴が耳を劈くあの金切声だったわけだ。そのひた向きさに人々は感動した。我々アラフィフ世代はその記憶が生々しく残っているから、ことさら4ストマルチの話になるとついつい熱く語ってしまうのだ、ゴメンナサイ! ただ、裏を返せばそれは期待値の大きさだ。FIも電制もラジアルタイヤも無かったあの頃から30年経った今の技術によって、どんな素晴らしいマシンが生まれてくるのか夢が膨らむ。

シンプルで高性能な新たな油冷単気筒の可能性

で、注目のもう一台「ジクサー250」は実によく出来たモデルだった。乗ってもいないうちから断言できるのか、とお叱りを受けそうだが根拠がある。ひとつは一昨年に国内でも発売された「ジクサー」の存在。エンジンは空冷単気筒の150ccでパワーは14psと地味なスペックだったが、これが乗ってみると素晴らしかった。とにかく軽くて走りも軽快だし、エンジンもけっしてパワフルとは言えないが、低中速に厚く扱いやすい特性で小気味良いパルス感がとても気持ちいい。

今回その250cc版ということなのでおのずと期待してしまうが、そのもうひとつの根拠はスペックだ。スズキにはGSX250Rという水冷並列2気筒のスポーツモデルがあり、「ジクサー250」は空冷単気筒と普通に考えるとちょっと格下に思えるかもしれないが、スペック的にはパワーでは26.5psと2.5ps高く、車重も156kgと同じく18kgも軽いなどGSX250Rを上回っているのだ。

それでいて動弁系はSOHC4バルブと1本のカムシャフトで4つのバルブを動かす仕組みなのでシンプルかつ高回転化できるし、エンジン自体を軽量コンパクト化できるメリットもある。ピストンスカート部分に特殊なコーティングを施して摩擦抵抗を減らすなど、MotoGPマシンの技術も投入されているそうだ。

また、スズキと言えば旧GSX-Rシリーズ時代から油冷システムが有名だが、「ジクサー250」にも新設計の油冷システムを採用。燃焼室の周囲にオイルジャケットを設けることで、水冷エンジンのように効率的に冷やすことが可能になったという。一見シンプルな中に最新テクノロジーが詰め込まれているわけだ。昔からある空冷単気筒というベーシックなエンジンにもまだまだ進化する可能性があることを示したくれた点も称賛に値すると思うのだ。

東京モーターショーは11月4日(月)までやっているので、是非リアルで見てほしい。きっと新しい何かを見つけられるはずだ。

ケニー佐川

ケニー佐川 Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. ペダル付きバイクのモペッド。日本では50年以上も前に流行った事があるそうだ。時を経て登場した…
  2. NEXCO中日本と中日本エクシス株式会社は、E1 東名高速道路 浜名湖サービスエリア(静岡県…
  3. 合流・分岐が連続するため、走行注意 NEXCO中日本 名古屋支社が建設を進めてきたE1A …
  4. 前回:#01エポックメイキングな機種編 直列4気筒ニーゴーの名機が続々と生み出された’…
ページ上部へ戻る