全日本モトクロス選手権レディースで本田七海選手が自身初のチャンピオンを獲得 年間4勝をマーク

2019年10月27日、宮城県のスポーツランドSUGOで全日本モトクロス選手権の最終戦となる第8戦MFJGPが開催され、TEAM KOH-ZからYZ85LWでレディースクラスに参戦する本田七海選手が2位となり、自身初、ヤマハにとっては2015年以来2回目となるチャンピオンを獲得した。

本田選手の全日本デビューは2010年。この年から2年間はスポット参戦だったが、2012年からフル参戦を開始しランキング12位を獲得。2015年には初表彰台を獲得するなど自己最高のランキング4位としてトップライダーの仲間入りを果たすと、その後は常に表彰台争いを繰り広げ、2018年には開幕戦で初優勝を獲得し、さらにステップアップを果たした。

2019年は、開幕戦の九州大会で優勝してスタートダッシュを決めると、第4・5戦では自身初の連勝、第7戦ではライバルとのバトルを制して4勝目を獲得し、ランキング2位のライバルに11ポイントリードで最終戦に臨んだ。

そして迎えたMFJGPでは重圧のかかる中でホールショットを決め前半をリードしたが、後半に入って逆転を許し2番手に。しかし最後まで追撃の手を緩めることなく攻め続け、シーズン通算7回目の表彰台となる2位でチェッカー受け、自身初となるチャンピオンを決定した。

本田七海選手談

「ここまでを振り返ると、ずっと辛い思いがありました。勝てると言われながら結果を残せず、表彰台に 立つのも、初優勝にも時間がかかったし、チャンピオン争いも、ライバルとのバトルで勝てたのも今年 が初めてでした。だからうれしいのはもちろんですが、やっと取れた、長かったという気持ちが一番です。 またファンの方にもたくさん待ってもらいましたが、結果が出ない時も応援してくれたおかげで、恩返し となる結果を残すことができました。ようやくみんなと一緒に笑えることがうれしいし、感謝の気持ちでいっぱいです」

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ペダル付きバイクのモペッド。日本では50年以上も前に流行った事があるそうだ。時を経て登場した…
  2. NEXCO中日本と中日本エクシス株式会社は、E1 東名高速道路 浜名湖サービスエリア(静岡県…
  3. 合流・分岐が連続するため、走行注意 NEXCO中日本 名古屋支社が建設を進めてきたE1A …
  4. 前回:#01エポックメイキングな機種編 直列4気筒ニーゴーの名機が続々と生み出された’…
ページ上部へ戻る