新登場のZX-25Rを大胆に私的考察する

【和歌山利宏:モーターサイクルジャーナリスト】

今年の東京モーターショーを象徴していたZX-25Rとジクサー250

東京モーターショーそのものが、新機種発表よりも、ライフスタイルと自動車技術を基盤とした将来像を提唱するものへと変貌、小振りになっていることは元より、バイクでは新しいトレンドが見て取れました。

数年前から、出展車は高性能指向から惜別、ベーシック指向に向いてきましたが、今回はそれに多様化が加わった感があります。ハイパーぶりに胸を躍らせるのはバイク乗りの性ですし、一方で使えて楽しめることを求めるのも現実的だからです。

その意味で、ZX-25Rとジクサー250は、今回のショーを象徴していました。ここではZX-25Rに注目してみましょう。

ZX-25Rはニッチな世界戦略車

250ccの4気筒と聞くと、今更!という気がしないでもありません。超高性能化に疲弊し、リーズナブルで普通に楽しめるものが求められてきた経緯があるからですが、だからこそ高回転高出力型の究極形を味わいたい人も多いはずなのです。
その意味で、ZX-25Rはニッチ指向のツボを押さえています。いや、カワサキだからこそ実現できたと言えます。

それはともかく、ZX-25Rはタイで生産され、世界市場を照準にしているはずです。日本での注目は言うまでもなく、東南アジアでは250cc超は趣味性が高いとみなされ税金も一気に高くなるので、250cc以下の高性能車への要求もあると思われます。また欧州でも、センセーショナルな存在として注目されることが期待できます。
そうした背景に注目すると、現時点では未発表のスペックも見えてくる気がします。

度肝を抜く最高出力も期待できそう

水冷DOHC4バルブエンジンのボアとストロークの値は未発表です。でも、レッドゾーン開始回転数17000rpmに注目すると、30年前の4気筒車とボア×ストロークは大差ないかもしれません。

ただ、今日のスーパースポーツのボア・ストローク比からして、ボアはかつてのZXR250Rのφ48mmよりも大きいφ49mm、あるいはφ50mmも考えられます。バルブ径を大きくして充填効率を高めるとともに、17000rpmまで回り切る特性を得やすいからです。

最高出力は、リッタースーパースポーツの200ps超を考えると、排気量が4分の1の250は50psが可能になります。最大トルクも2.8kgm超が可能です。しかし、スーパースポーツの圧縮比13.5を実現するには各部に高い精度が求められ、タイ生産の世界戦略車であることを考えると、圧縮比は11.5程度ではないでしょうか。

すると、最大トルクは2.4kgmぐらいになります。それでも広範囲が2.2kgm以上で被われ、15500rpmで2.1kgmが発揮されたら、最高出力は45psという計算です。45psは十分に可能ではないでしょうか。

さらに私には期待を込めた予想があります。欧州でのA2免許は最高出力35KW(47・6ps)以下とされており、その上限値を目指していて不思議ではないのです。実際、15800rpmで2.15kgmのトルクを発生できたら、出力は47.4psなのです。

走りは今日的な本物のスーパースポーツ

フレームは鋼管トラスタイプですが、昨今のカワサキ車に見られる典型的なものではなく、基本形態はツインスパータイプで、そのツインスパー部をトラス状にしたものです。エンジンはピボット上下とシリンダ部の3点懸架と思われ、エンジンを剛性部材として有効に利用、フレームのねじれ中心も理想化が図られています。

このフレーム形態には、パイプの隙間を有効利用しやすく、車体のスリム化を図りやすいというメリットが考えられます。また、パイプのしなりを情報として生かしやすく、楽しさも期待できます。

そこで走りの楽しさを考えると、車重の軽さが求められます。でも、2気筒のニンジャ250の166kgより軽いことはどうにも無理です。だからと言って、ZX-6Rの191kgより重いこともあり得ません。180kgが妥当なところでしょうが、175kg辺りを期待したいものです。

とにかく、電子制御スロットル装備で、トラコンにパワーモード、アップダウン両利きのオートシフターと装備的にもいっぱしのスーパースポーツなのです。

気になる価格ですが、内容的には100万円を超えても不思議ではありません。とは言え、頑張って90万円程度になるのではないでしょうか。
と、期待を込めた私的考察でした。

和歌山利宏

和歌山利宏 モーターサイクルジャーナリスト

投稿者プロフィール

1975年にヤマハ発動機に入社。ロードスポーツの開発に携わる。
レーシングライダーとしても活躍し、鈴鹿8耐第4回大会では4位入賞。
85年からはヨコハマゴム契約となり、タイヤの開発テストを行うとともに、
ワイルドカード参戦した87年の日本GPでは、250ccクラスで11位に入る。
90年からはジャーナリストとしての活動を始め、現在に至る。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. ペダル付きバイクのモペッド。日本では50年以上も前に流行った事があるそうだ。時を経て登場した…
  2. NEXCO中日本と中日本エクシス株式会社は、E1 東名高速道路 浜名湖サービスエリア(静岡県…
  3. 合流・分岐が連続するため、走行注意 NEXCO中日本 名古屋支社が建設を進めてきたE1A …
ページ上部へ戻る