MotoGP 日本GPでマルケスが今季10勝目を達成 4年連続25回目のコンストラクターズタイトルを獲得

※画像は公式サイトのスクリーンショット

—以下Honda公式発表より—

第16戦日本GPは、今季10回目のポールポジションからホールショットを奪ったマルク・マルケス(Repsol Honda Team)が、快調にラップを刻み、24周のレースで真っ先にチェッカーを受けました。この結果、Hondaは最高峰クラスで4年連続25回目のコンストラクターズタイトルを獲得、2冠を達成しました。

今大会、フリー走行、予選と着実にセットアップを進めたマルケスは、好スタートを切ると2周目に1分45秒台に入れて後続を引き離しました。中盤には2番手を走るファビオ・クアルタラロ(ヤマハ)に約2.5秒のリードを築いてレースをコントロール。終盤は燃費が厳しくなったために1分46秒台から47秒台にペースを落としましたが、着実な走りでチェッカーを受けました。

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ペダル付きバイクのモペッド。日本では50年以上も前に流行った事があるそうだ。時を経て登場した…
  2. NEXCO中日本と中日本エクシス株式会社は、E1 東名高速道路 浜名湖サービスエリア(静岡県…
  3. 合流・分岐が連続するため、走行注意 NEXCO中日本 名古屋支社が建設を進めてきたE1A …
  4. 前回:#01エポックメイキングな機種編 直列4気筒ニーゴーの名機が続々と生み出された’…
ページ上部へ戻る