上質で快適な足まわりに ナイトロン「Z900RS/カフェ用リヤショック&フロントフォークカートリッジ」

【ビッグマシン・ゼロ:文-中村友彦 写真-真弓悟史】

オーナーが読んでいたら気を悪くするかもしれないが、Z900RSの純正前後ショックに対する僕の評価はあまり芳しくない。大前提として、乗り心地が上質とは言えないし、フロントはストローク初期、リヤは奥で動きの悪さを感じる。もっとも、それはそれでという意識を持てば、適度に楽しく走れるものの、峠道でその気になった時や、ロングツーリングに出かけた際などは、前後ショックがどうにも……と感じることが少なくなかった。

リニアなストローク感とフラットな車体姿勢

そういった不満を見事に解消してくれたのが、今回試乗したナイトロンのデモ車だ。この車両は前後ショックの動きがリニアかつしなやかで、ストロークの違和感がきっちり解消されているし、凹凸の吸収性が抜群なものだから、峠道では路面状況に関わらず、スポーツライディングが堪能できる。

とはいえ、今回の試乗で僕が最も感心したのは、前後ショックに明確なストローク感がありながらも、基本的な車体姿勢がフラットなことだった。ブレーキングやスロットル操作時に、前後ショックが意外かつ不要な動きをする純正と比較すると、ナイトロンのデモ車は姿勢が安定しているから、身体が妙なタイミングで揺すられず、腕や足腰に負担が掛からないのである。

アフターマーケットの前後ショックと言うと、スポーツ指向のユーザー用というイメージがあるけれど、ナイトロンの美点はツーリングや街乗りでも十分に感じられる。理想を言うなら前後同時交換がベストだが、予算的に厳しい人や、段階的チューニングを楽しみたい人は、効果が感じやすいリヤから先に交換するのがいいだろう。

FRONT FORK CARTRIDGE 純正フォークの内部交換で性能UP

NTR TVT PRO(税込21万7800円組込工賃別)

純正フォークをバージョンアップするインナーキット。構造は左:圧側/右:伸び側ダンパーを担当するLCRR式で、調整ダイヤルはフォークトップに集約され、純正の圧側調整(右側フォーク下部)は使用しない。カートリッジチューブに摺動抵抗を低減するカシマコートを施すPROと、それを省いたSTD(19万5800円)の2タイプを設定。

【Webikeショッピング】
ナイトロン:Z900RS/CAFE用フロントフォークカートリッジ TVT PRO 商品ページ

REAR SHOCK 3WAY減衰調整のトップモデル

NTR R3 SERIES(税込19万9100円)

▲リザーバータンクの圧側ダンパー調整は、白ダイヤルが低速を、黒ダイヤルが高速を担う。その下は油圧式プリロード調整機構。

▲ショックユニット下部には、伸び側ダンパーアジャスターと車高調整用ナットが備わる。スプリングはブラックも選択可能。

Z900RS/CAFE用リヤショックとして、ナイトロンジャパンは4種類を設定。デモ車が装着するのは最高峰モデルのR3だが、圧側ダンパーが1系統のR2(18万8100円)、圧側調整を省いたR1とそのローダウン仕様(ともに10万4500円)でも、同社製品の美点は実感できるはずだ。

【Webikeショッピング】
ナイトロン:Z900RS/CAFE用 リアショックシリーズ 商品ページ

動画公開中!

「Webike!」の公式動画チャンネルでは、ナイトロン仕様とノーマルのZ900RS を乗り比べたレポートを公開中。こちらも是非!

【Z900RS】の新車・中古車を見る
【Z900RS CAFE】の新車・中古車を見る

関連記事

編集部おすすめ

  1. 前回:#04 ストリートでの意外な扱いやすさ 0-1000mにおけるホンダ新旧CBR2…
  2. ▲オークション開催時の様子 国内外の二輪車の販売・修理などを行うユーメディアは、毎年恒例となっ…
  3. お得なフリーパスで魅力あふれる南房総の旅を NEXCO東日本関東支社は、千葉県南房総エリア…
  4. ※画像は公式サイトのスクリーンショット キズキグループは、「ドゥカティ2020年モデル人気投票…
ページ上部へ戻る