【新車】ヤマハ、「YZF-R6 レースベース車」を受注生産で発売 10/11より受付開始

ヤマハ発動機は、ロードレース競技およびサーキット走行専用モデル「YZF-R6 レースベース車」を2020年シーズンに向け発表した。10月11日より予約受付を開始し、2020年3月1日より発売する。

「YZF-R6 レースベース車」は、2020年モデルのスーパースポーツ「YZF-R6」(欧州仕様)をベースに、レースなどサーキット用途に配慮したモデル。トラクション・コントロール・システム(TCS)やクイック・シフト・システム(QSS)などの電子デバイスに加え、上位モデル「YZF-R1 レースベース車 (2019年モデル)」と同型のフロントサスペンション、フロントブレーキなどを採用した。

第1次 2019年10月11日~10月31日、第2次 2019年11月1日~11月29日の期間限定予約による受注生産で、予約窓口は全国の「ヤマハオンロードコンペティションモデル正規取扱店」となる。

【YZF-R6 レースベース車】の新車・中古車を見る

YZF-R6 レースベース車

メーカー希望小売価格:1,210,000円(税別)

マットダークグレーメタリック6

■第1次 予約受付期間
2019年10月11日~10月31日 → 車両・キットパーツ納期:2020年3月1日より順次

■第2次 予約受付期間
2019年11月 1日~11月29日 → 車両・キットパーツ納期:2020年5月上旬より順次

※予約受付時期により納期が異なることがあります。また上記の納期は目安となります。

※フラッシャー、ヘッドランプ、テールランプ等の灯火器類が装備された状態での出荷となります。
※購入特典:サーキット走行専用部品の「ワイヤーハーネスセット」と「ECU」(F.I.マッチングソフトウェア含む)付属。なお、本体とは別送となります。
※「YZF-R6レースベース車」は、国土交通省の認定を受けていないため、ナンバープレートを取得できません。また道路を走行できません。道路を走行すると道路交通法及び道路運送車両法の違反となります。私道、寺の境内、海辺、堤防上、農道、林道など道路の形態を整えていないところでも、人や車が自由に出入り出来るところは道路とみなされます。
※保証(クレーム)の対象外製品となります。

【YZF-R6 レースベース車】の新車・中古車を見る

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ※画像は公式サイトのスクリーンショット ヨシムラジャパンは、ヨシムラの歴史にまつわる書籍「ポッ…
  2. ウェビックバイク選びスタッフのリョウタロウです モトレポートでは、短足担当としてシート高チ…
  3. ●税込価格:1万8150円(CBR250RRは1万9800円) ●適合機種:〈ホンダ〉CBR250…
  4. TSRは、第3回目となる「FIM世界耐久選手権シリーズ(EWC)『TSR報告会』~新たなステ…
ページ上部へ戻る