鈴鹿サーキット、日本初のレーシングバイク型コースター「GP RACERS」を来年3/1にオープン

▲リアルライディングコースター「GP RACERS」

鈴鹿サーキットは、日本初のバイク型コースター「GP RACERS」と、初めてのレーシングカートに親子で挑戦・成長できるカートアトラクション「KART ATTACKER」を、モータースポーツの楽しさをファミリーで体感できるエリア「GPフィールド」に、2020年3月1日(日)に同時オープンすることを発表した。

【関連ニュース】
日本初のリアルライディングコースター「GP RACERS」が鈴鹿サーキットで2020年3月にオープン

以下プレスリリースより


リアルライディングコースター「GP RACERS」

「GP RACERS」は本格的なレーシングバイクのライディングを気軽に体験することができる日本初のバイク型コースターです。
レーシングバイクがより速くコーナーを曲がるためにマシンを傾ける最大48度の“バンク“を体験することができ、タイトなコーナーを高速で駆け抜けることで、実際のレースでライダーが行うような非日常なコーナリングやスピード感を体感できます。
また、走行するコースは「F1日本グランプリ」や「鈴鹿8時間耐久ロードレース」を開催する国際レーシングコースのすぐ隣に設計されており、まるでコースに飛び出すかのような迫力を味わうことができます。
マシンのカラーリングは全6種類で、1台につき2名で乗車するタンデム型のレーシングバイクコースターです。

■「GP RACERS」概要

定員:2名
乗車時間:約90秒
最高速度:約50km/h
コース全長:約420m
最大バンク角(傾斜):48度

ステップアップカートアトラクション「KART ATTACKER」

「KART ATTACKER」はお子さまが初めてのカートにチャレンジする姿を見守り、一緒になって成長することができる“ステップアップカートアトラクション” です。
本アトラクションは「デビューステージ」と「アタックステージ」の2段階に分かれており、「デビューステージ」はレーシングカートを体験したことがないお子さまでも、親と一緒になって挑戦できる初級ステージです。プロテクターの装着やマシンの操作方法など、親のサポートを受けながら一緒に成長することで、基準タイムのクリアを目指します。
「アタックステージ」は、基準タイムをクリアしたファミリーがより速いマシンでタイムアタックに挑むステージです。親子でテクニックを磨きながらタイムを競い合い、自己ベストとなるラップタイムを目指して何度でも挑戦できます。

情報提供元 [ モビリティランド ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ※画像は公式サイトのスクリーンショット ヨシムラジャパンは、ヨシムラの歴史にまつわる書籍「ポッ…
  2. ウェビックバイク選びスタッフのリョウタロウです モトレポートでは、短足担当としてシート高チ…
  3. ●税込価格:1万8150円(CBR250RRは1万9800円) ●適合機種:〈ホンダ〉CBR250…
  4. TSRは、第3回目となる「FIM世界耐久選手権シリーズ(EWC)『TSR報告会』~新たなステ…
ページ上部へ戻る