ホンダ、2020 FIMロードレース世界選手権「IDEMITSU Honda Team Asia」、「Honda Team Asia」の参戦ライダーを発表

ホンダは、世界のトップレベルで戦い、活躍できるライダーを広くアジア全域から発掘・育成する活動の一環として、FIMロードレース世界選手権のMoto2クラスに「IDEMITSU Honda Team Asia」、Moto3クラスに「Honda Team Asia」で参戦しており、2020年シーズンへの参戦が決定したライダーを発表した。

IDEMITSU Honda Team Asiaは、タイ出身のソムキャット・チャントラ(Somkiat Chantra)選手の参戦継続が決定。もう1名のライダーについては、近日中に発表する。

Honda Team Asiaには、新たに國井勇輝(クニイ・ユウキ)選手が加入し、小椋藍(オグラ・アイ)選手との2名体制で参戦する。國井選手は、「鈴鹿サーキット・レーシング・スクール」の卒業生であり、現在、「FIM CEVレプソルMoto3ジュニア世界選手権」、「Red Bull Rookies Cup」に参戦している。
なお両チームの監督は、昨年に引き続き青山博一(アオヤマ・ヒロシ)氏が務める。

※FIMとは、Fédération Internationale de Motocyclisme(国際モーターサイクリズム連盟)の略称

Moto2クラス:IDEMITSU Honda Team Asia

ソムキャット・チャントラ選手のコメント

「2020年シーズンも引き続きIDEMITSU Honda Team Asiaから、世界選手権 Moto2クラスに参戦できることを、非常に嬉しく思います。来シーズンの目標は表彰台を獲得することです。その目標に向けて全力を尽くします。タイを始めとしたファンの皆さんへ、良い結果が届けられるようにがんばります」

Moto3クラス:Honda Team Asia

小椋藍選手のコメント

「来シーズンも世界選手権Moto3クラスに継続参戦するにあたり、Hondaをはじめとするスポンサーさま、応援してくださっている皆さまに心から感謝いたします。またHonda Team Asiaから参戦できることを本当に嬉しく思います。今年フル参戦1年目として多くを学んできました。それをいかし2年目となる来シーズンは結果にこだわったレースをしていければと思います。2020年も引き続き応援よろしくお願いします」

國井勇輝選手のコメント

「来年念願だった世界選手権Moto3クラスに参戦できることを、とても嬉しく思っています。夢への1歩をやっと踏み出せたと思っています。Moto3のレベルは高く皆とても速いので、とにかく多くを学び、スピードをつけたいです。目標は、チームメイトの小椋選手の1年目の結果を、上回ることです。とにかく最高の状態で来年に臨みたいので、その為にしっかり準備していきます」

青山博一(IDEMITSU Honda Team Asia / Honda Team Asia)
監督のコメント

「2020年も出光興産さまをはじめとしたスポンサーの皆さまより継続してサポートいただけることになり、また、私自身チームを率いるチャンスをいただけることに感謝いたします。
Moto2クラスのチャントラ選手は今シーズン素晴らしい走りを見せており、来シーズンにおいて高いパフォーマスをしてくれると期待しています。必ず上位に食い込むでしょう。
Moto3クラスは、小椋選手がルーキーシーズンながら着実に戦績を残しています。来シーズンはさらに上位に上がるでしょう。チームメイトとなる國井選手も、小椋選手に負けないスピードを持っています。この2人が切磋琢磨することで、それぞれが上位に食い込んでくれると期待をしています。彼ら3人は高いポテンシャルを備えています。チームもベストなサポートで彼らを全面的にバックアップしていきます」

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ※画像は公式サイトのスクリーンショット ヨシムラジャパンは、ヨシムラの歴史にまつわる書籍「ポッ…
  2. ウェビックバイク選びスタッフのリョウタロウです モトレポートでは、短足担当としてシート高チ…
  3. ●税込価格:1万8150円(CBR250RRは1万9800円) ●適合機種:〈ホンダ〉CBR250…
  4. TSRは、第3回目となる「FIM世界耐久選手権シリーズ(EWC)『TSR報告会』~新たなステ…
ページ上部へ戻る