運送事業者向け『ビジネスナビタイム動態管理ソリューション』、自動二輪車の規制と排気量を考慮したルート案内に対応

バイク便や貨物運送事業者向け機能を拡充

ナビタイムジャパンは、2019年10月3日(木)より、法人向け運行管理サービス『ビジネスナビタイム動態管理ソリューション』にて、二輪車の規制、排気量情報の地図表示とそれらを考慮したルート案内に対応した。

従来の普通自動車やトラックに合わせ、自動二輪車についても、規制や排気量を考慮したルートを案内することで、バイク便事業者や、排気量125cc以上の自動二輪車を使って配送する貨物運送事業者なども、このサービスを活用することが可能となる。

以下プレスリリースより


サービスイメージ①:規制情報の地図表示

▲左:規制箇所の表示(管理者画面・ブラウザ) 右:アプリでの規制箇所の表示(作業者画面・スマホ)

サービスイメージ②:ルート検索結果

▲左:普通自動車の設定でのルート検索結果 右:自動二輪車を考慮したルート検索結果(管理者画面・ブラウザ)

サービスイメージ③:車両情報設定

▲車両タイプ設定画面

『ビジネスナビタイム動態管理ソリューション』について

法人企業様向けにスマートフォンを活用した動態管理、およびカーナビゲーション機能を提供するクラウド型運行管理サービスです。配車計画の作成・共有、車両位置や作業状況の把握、実績、日報管理など計画から移動、振り返りまでをサポートし、より正確で効率的な運行管理を支援します。

サービス紹介ページ:http://fleet.navitime.co.jp/

情報提供元 [ ナビタイムジャパン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ※画像は公式サイトのスクリーンショット ヨシムラジャパンは、ヨシムラの歴史にまつわる書籍「ポッ…
  2. ウェビックバイク選びスタッフのリョウタロウです モトレポートでは、短足担当としてシート高チ…
  3. ●税込価格:1万8150円(CBR250RRは1万9800円) ●適合機種:〈ホンダ〉CBR250…
  4. TSRは、第3回目となる「FIM世界耐久選手権シリーズ(EWC)『TSR報告会』~新たなステ…
ページ上部へ戻る