ヘルメットの曇り止めはシールドとメガネのW対策を!

季節を問わずに悩まされるのが「ヘルメットシールドの曇り」です。曇ったり水滴ができたり、前方が見えづらくなりとても危険な状態となります。視界を確保するためには、メガネのレンズも含めた対策をしましょう。

1.ヘルメットの曇り止めとは? そのメカニズムを知ろう

ヘルメットのシールドが曇ることはよくあることですが、このようなシーンが代表的です。

①冬場など外気温が低い時に自分の吐いた息で曇る(停止時・走行時を問わず)
②寒い日に、コンビニの店内など暖かい場所に入った瞬間に曇る
③夏場などエアコンで冷えた室内から蒸し暑い屋外に出た瞬間に曇る

シールドが曇るという現象は、冷蔵庫から出した缶ビールに水滴がつく(結露する)のと同じ原理です。空気中の水分が比較的多い夏場は、エアコン等で冷やされたシールドに暖かい外気が触れて結露し、空気が冷たく乾燥している冬場は、自分がはいた息(暖かくて湿度の高い水蒸気)によってシールドが結露して曇ります。

【Webikeショッピング】
記事内紹介商品一覧

→全文を読む

情報提供元 [ Bike Life Lab supported by バイク王 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ※画像は公式サイトのスクリーンショット ヨシムラジャパンは、ヨシムラの歴史にまつわる書籍「ポッ…
  2. ウェビックバイク選びスタッフのリョウタロウです モトレポートでは、短足担当としてシート高チ…
  3. ●税込価格:1万8150円(CBR250RRは1万9800円) ●適合機種:〈ホンダ〉CBR250…
  4. TSRは、第3回目となる「FIM世界耐久選手権シリーズ(EWC)『TSR報告会』~新たなステ…
ページ上部へ戻る