東京モーターショー2019を大胆予想!新型LMWにスーパーチャージド「Z」も登場か!?

【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】

▲「3CT」(プロトタイプ)※画像はヤマハ発動機のEICMA2018出展概要プレスリリースより

2年に一度の乗り物の祭典、「東京モーターショー2019」(一般公開日10月25日(金)~11月4日(月))がいよいよ間近に迫ってきた。「OPEN FUTURE」をコンセプトに今年は東京ビッグサイトだけでなくお台場周辺までエリアを拡大するなど、過去最大規模での開催が予定されている。そこで今回はエントリーしている国内2輪4メーカーの出展内容について、大胆な予測も含めて先取りしてみた。

→「東京モーターショー2019」オフィシャルサイト

ホンダ

現代に蘇ったハンターカブ「CT125」に注目!

スーパーカブをベースにレッグシールドを取り除きアップマフラーとダウンチューブを装備するなど、ヘビーデューティに仕上げたトレッキングバイク「CT125」を展示。コンセプトモデルということだが、実はルーツとして通称ハンターカブの名で親しまれたCT110をオマージュした現代版であることは一目瞭然。エンジンと車体はスーパーカブC125がベースと思われるが、今回カブとしては初となる前後ディスクブレーキ+ABSを装備しているのがポイント。完成度は高く市販化も間違いないはずだ。

そして、排気量拡大によるパワーアップと新設計フレームによる軽量化、電子制御のさらなる進化を遂げた新型「CRF1100Lアフリカツイン」がジャパンプレミアとして登場。特にショーワ製電子制御サスペンションを搭載したアドベンチャースポーツESには注目したい。

また、PCXをベースにX-ADV風味で仕上げた冒険マインドあふれる「ADV150」や電動ビジネスモデルの「ベンリィe」と3輪の「GYRO e」など、新たなジャンルの開拓にも着目したいところだ。

【関連ニュース】
ホンダ、「第46回 東京モーターショー2019」出展概要を発表 スーパーカブベースのコンセプトを初公開

ヤマハ

LMWの最新版「3CT」は250ccモデルで公開か!?

昨年のEICMA2018でお披露目された新型LMWのプロトタイプ「3CT」の市販バージョンが発表される可能性が高い。LMW(リーニング・マルチ・ホイール)とは車体を傾けて曲がる3輪以上の乗り物のことで、従来の2輪にはない安定感や快適性の高さが魅力だ。3CTは欧州向けということで排気量300ccの想定だったが、国内デビューとなるとXMAX同様に250cc単気筒エンジンとなるはず。高速クルーズもこなす余裕の動力性能に加え、ABS&トラコンはもちろんのこと、停止時に自立可能なチルトロックシステムなどの安全機構も備えたコミューティング・ツアラーになるはずだ。

EICMA2018時点での完成度の高さや、トリシティ125/155やNIKENなどLMWに力を注ぐヤマハの商品戦略、そして2輪以外のユーザーが多く来場する東京モーターショーの特性を考えれば、十分あり得ると言えるだろう。

【関連ニュース】
新型テネレ700が登場!ヤマハ、EICMA2018出展概要を発表 LMWのプロトタイプ「3CT」にも注目

スズキ

ジクサー250cc版が新型油冷エンジンで登場!

スズキからは国内でも人気を博しているジクサー(155cc)の上位モデルとして250cc版の2機種が登場。フルカウル仕様の「ジクサーSF250」とネイキッド仕様の「ジクサー250」である。

注目したいのは新開発の油冷単気筒OHC4バルブエンジン。かつて80年代のGSX-Rシリーズでも採用されたスズキ伝統の冷却システムだが、従来のオイル噴射式ではなく今回は新たにオイル圧送式のSOCS(スズキ・オイル・クーリング・システム)を採用するなど、より軽量・シンプル化の方向にシフトしているようだ。

見た目もSFはセパレートハンドルを装備したスーパースポーツルックであるのに対し、ネイキッド版は薄型LEDヘッドライトを採用した今風のファイタースタイルとするなど差別化している。

【関連ニュース】
スズキ、東京モーターショーで新開発油冷エンジン「ジクサー SF 250」を日本初公開

カワサキ

話題のスーパーチャージド「Z」が10/23にアンベール!?

カワサキは巷で話題沸騰のスーパーチャージド「Z」がベールを脱ぐはずだ。先ごろアップされたティザー動画では、野獣のように睨みをきかせたフロントマスクに奢られた川崎重工製の証であるリバーマークやフルカラーTFTディスプレイ、H2シリーズ同様のスチール鋼管で組まれたトラスフレーム構造や剥き出しの吸気ダクトが映し出されている。

そして、ブローオフバルブが過給圧を抜く独特のキュルキュル音とくれば、もはやこれがNinja H2ベースであることは疑いようもない。動画の最後には「23 October 2019」の文字。カワサキから公式のリリースはないが、東京モーターショー初日のプレスデーにその実像が明らかになるはずだ。

New Ultimate Z – 23 October – Pressure Release

ケニー佐川

ケニー佐川 Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. トリックスターが、EWC世界耐久選手権 2019-2020シリーズへの参戦体制を発表。昨年王…
  2. オートバイの全国レンタルサービス『レンタル819』が、3月20日(金)に「レンタル819八王…
  3. ブリヂストンがMotoGPでタイヤサプライヤーだった時代に総責任者を務め、国内外に名を知られ…
  4. ヤマハ発動機は、東京都・二子玉川にある蔦屋家電にて、期間限定ショールームを2020年2月22…
ページ上部へ戻る