【動画あり】「ノーマルとは別物!」 同爆&スクリーマー仕様のNSR250Rに岡田忠之さんが試乗!

190920_07-680x425.jpg

2サイクルレプリカの名機・ホンダNSR250Rの人気は未だに高く、初代の登場(‘86年末)から30年以上が経過した今でもカスタム熱も冷めやらない。中でも、ここで紹介する2台は他にほぼ類のないカスタム車。ノーマルNSR250Rの2サイクル90°Vツインは不等間隔爆発のエンジンだが、1台は2気筒が同時に爆発する「同爆」仕様に、もう1台は2気筒が等間隔で爆発する「スクリーマー」仕様へと変更されているのだ。

【NSR250R】の新車・中古車を見る

作った理由は「面白そうだから」

同爆車を製作したのは現役国際ライダーで、レースマシン製作やそのサポートなどを行う「エグケンガレージ」の江口謙さんで、スクリーマー車はNSRをメインに2サイクル用チャンバーの製作などを行う「ライズオン」の井場将文さんによる。

【NSR250R】の新車・中古車を見る

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

           

   
Webikeアプリにニュース機能が新規追加
ページ上部へ戻る