インディアンが2020年モデルのヘビーウェイトラインナップを発表

▲2020 Chieftain Elite

インディアンのグローバル・メディアサイトで、2020年モデルのヘビーウェイトラインナップが発表された。

エンジンをはじめ、全体的により大きくアグレッシブなスタイリングへと進化。交通量や天気などの情報を取得できるコネクティッドサービスを導入した「Ride Command」などの新技術も導入されている。

特筆すべきは「Thunder Stroke 116」エンジン。空冷・1901ccの新型Vツインで、168Nmの最大トルクを誇る。「Thunder Stroke 116」エンジンは、インディアンの多くの代表的なモーターサイクルのスタンダードエンジンとなるようだ。

以下、発表された全車種より一部をピックアップして紹介する。

2020 Roadmaster Dark Horse – Thunder Stroke 116

2020 Springfield Dark Horse – Thunder Stroke 116

2020 Chieftain Elite – Thunder Stroke 116

情報提供元 [ Indian Motorcycle ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【カワサキ ニンジャ400】 ディテール&試乗インプレッション フルモデルチェンジに…
  2. ※画像は公式サイトのスクリーンショット ヤマハ発動機の原付バイク「Vino(ビーノ)」が、実写…
  3. 東京モーターショー2019で、ホンダが電動のビジネススクーターを2機種同時に世界初公開。この…
  4. デイトナが取り扱いを開始した“SPコネクト”は、スノボ用のビンディング製造に端を発するスマホ…
ページ上部へ戻る