「明日の先駆者になるために」 黒山選手と電動バイクTY-E 2年連続の挑戦(映像)

※画像は公式動画のスクリーンショット

—以下ヤマハ発動機公式サイトより抜粋—

「16歳からトライアル世界選手権に参戦して最高はランキング3位。異なるルートだが、TrialEクラス参戦は自分の夢である世界のトップに立つための挑戦だ」。こう語った黒山健一と「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」が、2018年に続き電動トライアルマシン「TY-E」でFIMトライアル世界選手権 TrialEクラスに参戦した。

わずか2大会でチャンピオンが決まる短期戦。明日の先駆者であり続けるため全力で世界に挑んだ黒山と「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」の姿を、ライダー&チーム関係者の言葉とともに紹介する。

2019 FIMトライアル世界選手権 TrialEクラス ダイジェストムービー

【関連ニュース】
世界選手権 TrialEクラス 初戦レポート
世界選手権 TrialEクラス 最終戦レポート

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【アプリリア Tuono V4 1100 Factory】 ディテール&試乗インプレッション …
  2. ▲コラム第2回で“憧れの1台”に挙げていたパニガーレにまたがり、思わず満面の笑み!つるのさんが乗ると…
  3. ハイクオリティかつマルチユースなバッグが新登場 トリックスターからツーリング、通勤、通…
  4. 装備を簡素化して購入しやすい価格を実現したエレクトラグライドスタンダード。ツーリング系は圧倒…
ページ上部へ戻る