【新車】トライアンフ、「DAYTONA MOTO2 765 リミテッドエディション」を発表 765台限定発売

トライアンフ モーターサイクルズ ジャパンは、「Daytona Moto2 765 リミテッドエディション」を発表した。2019年からFIMロードレース世界選手権Moto2クラスの独占エンジンサプライヤーとなり、世界最高峰のレースシーンへの復帰したことを記念した。ヨーロッパとアジアで765台限定で発売される。

数々のスーパースポーツ選手権で勝利を収め、トライアンフが誇る伝説的なDaytonaの究極モデル、新型Daytona Moto2 765が誕生した。Moto2ファクトリーマシンの走りに最も近い公道で走行可能な特別なモーターサイクルとなる。車体には個別のシリアルナンバーが入る。

発売時期は2020年2月、メーカー希望小売価格は 2,350,000円(消費税10%込み)が予定されている。

【DAYTONA MOTO2 765】の新車・中古車を見る

DAYTONA MOTO2 765 リミテッドエディション

栄光から誕生したモデル

トライアンフのレースの歴史の中で最も有名な勝利の1つに、1966 年のフロリダ州デイトナ200があります。Buddy Elmore が、46番グリッドから T100 Tiger のプロトタイプマシンに跨り、優勝を果たした実に壮観なレースで、‘Daytona’という名前を生み出した劇的な勝利でした。
マン島TT、イギリスGP、ドイツGP、フランスGP、スーパースポーツ世界選手権、そして再びデイトナ200にて、675ccトリプルエンジンを搭載し勝利を収めたことで、90年代初頭にトライアンフのモデルラインナップに戻った Daytonaは、レースで最も成功を収めたモデルとしてその伝説的な地位を確固たるものにしました。
そして、Peter Hickman がハンドルを握った今年のマン島スーパースポーツレース2での勝利により、Daytonaは間違いなく世界で最も優れたミドルウェイトスポーツバイクになりました。
Moto2世界選手権の独占エンジンサプライヤーとしてレースのトップティアに返り咲いたことを祝し、新型Daytona Moto2 765 リミテッドエディションは、英国のレーシングレジェンドの史上最高性能を誇り、FIMMotoGP世界選手権とのユニークなパートナーシップを表しています。

自分だけの Moto2 ファクトリーライド

Moto2エンジンの開発チームと同じ専門家チームにより設計された新型 Daytona Moto2 765 リミテッドエディションには、Moto2から派生した新しくユニークなトリプルエンジンが搭載されており、765ccの排気量で生み出されるトライアンフ史上最高のパワーとトルクを実現します。130PS@12,250rpmの最高出力および 80Nm@9,750 rpmの最大トルクにより、この新しいエンジンはレース向けのパワーとロード向けのパフォーマンスを提供します。そして、このエキサイティングなアップグレードは、Street Triple RS のユニークなチューニングと高度なECUにより、低回転域から全回転域にわたって感じられます。

このエンジンは、Moto2エンジン開発プログラムから直接派生した数多くのコンポーネントとパフォーマンスアップグレードを備えています。これには、チタン製インレットバルブ、強化されたピストン、MotoGP仕様DLC コーティング加工ピストンピン、新しいカムプロファイル、新しい吸気トランペット、改良されたコンロッド、吸気ポート、クランクとバレル、そして圧縮比の増加が含まれています。また、このエンジンは Street TripleRS エンジンよりも600rpm高い回転数で回転し、許容最高回転数は13,250rpm になります。
新型 Daytona Moto2 765 リミテッドエディションは、美しいTIG溶接が施され、Moto2にインスパイアされた高性能なArrow製チタンレースマフラーを備えた新しい排気システムも装備しており、信じられないほどのMoto2サウンドを実現します。この新型モデルのためにトライアンフ専用に開発された、サイドマウントでアップスウェプトスタイルの新しいサイレンサーは、性能、信頼性、効率、そして軽量化のために最適化されています。
道路上でも真のMoto2ファクトリーマシンの走りに最も近い新型Daytona Moto2 765 リミテッドエディションには、トラックに最適化されたギアレシオを持つ新しいギアボックスも採用されています。ファーストギアレシオは、Moto2エンジン開発プログラムから直接フィードバックされています。

【DAYTONA MOTO2 765】の新車・中古車を見る

情報提供元 [ Triumph ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【アプリリア Tuono V4 1100 Factory】 ディテール&試乗インプレッション …
  2. ▲コラム第2回で“憧れの1台”に挙げていたパニガーレにまたがり、思わず満面の笑み!つるのさんが乗ると…
  3. ハイクオリティかつマルチユースなバッグが新登場 トリックスターからツーリング、通勤、通…
  4. 装備を簡素化して購入しやすい価格を実現したエレクトラグライドスタンダード。ツーリング系は圧倒…
ページ上部へ戻る