【新製品】新型S1000RR用に薄型チタンで超軽量化したスリップオンマフラー5種発売

▲SC1-R スリップオンサイレンサー

新たに2タイプのマフラーを追加

MotoGPでも数々の実績を残しているSC-PROJECTが、新型S1000RRのスリップオンマフラーを5タイプ新発売した。旧モデルのS1000RRでも発売されていた「CR-Tタイプ」「S1タイプ」「GP70-Rタイプ」に加え、今回新たに「SC1-Rタイプ」「SC1-Mタイプ」も登場。

今回発売された全てのマフラーには軽量化が図られており、高いパフォーマンスとルックスの向上に大きく貢献している。
またユーロ4規制の認証とドイツのTUV認証も取得している。

【Webikeショッピング】
SC-PROJECT:新型S1000RR用スリップオンマフラー 商品ページ

【S1000RR】の新車・中古車を見る

S1 スリップオンサイレンサー

S1サイレンサーは、世界最高峰のオートバイレースMotoGPから最先端技術をフィードバックされたサイレンサーで、薄型チタンパイプを採用することにより大幅な軽量化に成功している。

また、サイレンサー部分にはレーザーを用いた「SC-PROJECT」の刻印が施されており、見た目もクールな仕上がりになっている。

【製品スペック】
■消音バッフル付属
■純正キャタライザー対応
■重量:約1.3kg(純正 2.3kg)
■ユーロ4承認
■公道走行不可

SC1-M スリップオンサイレンサー

新たに開発されたSC1-Mタイプのサイレンサーは、SC1-Rのノウハウを活用して設計された五角形シェルが特徴的なサイレンサーである。
大径はそのままに、ミディアムサイズのオートバイにもスリムにマウント出来るように設計されている。

サイレンサーエンド部はカーボンキャップに合わせて黒色を採用、これによりデザイン性を高める事にも成功している。

また、チタンタイプのみ「SC-PROJECT」ロゴが刻印されている。

【製品スペック】
■カーボンサイレンサー/チタンサイレンサー
■カーボン製テールエンドカバー付き
■消音バッフル付属
■純正キャタライザー対応
■重量:約1.7kg(純正 2.3kg)
■ユーロ4承認
■公道走行不可

CR-T スリップオンサイレンサー

■フルチタンサイレンサー

■カーボンサイレンサー

CR-Tサイレンサーは世界最高峰のオートバイレースMotoGPで実際に採用されるレースレプリカサイレンサーでエンド部にメッシュガードを採用。
アウターカバーは「カーボン」「チタン」の二種類から選択が可能。

リンクパイプ部分のヒートガードには高強度&超軽量のドライカーボンを採用している。

チタンタイプのみレーザーによる「SC-PROJECT」の刻印が施されており見た目もクールな仕上がりになっている。

【製品スペック】
■テールエンドメッシュガード付き
■純正キャタライザー対応
■重量:約0.9kg(純正 2.3kg)
■ユーロ4承認
■公道走行不可

GP70-R スリップオンサイレンサー

■フルチタンサイレンサー

■カーボンサイレンサー

高いパフォーマンスと軽量化、ルックスの向上を兼ね備えたこのマフラーは、リンクパイプ部分のヒートガードに高強度&超軽量のドライカーボンを採用しており、サイレンサーアウターカバーを「カーボン」「チタン」の二種類から選択する事が可能。

チタンタイプのみレーザーによる「SC-PROJECT」の刻印が施されており見た目もクールな仕上がりになっている。

【製品スペック】
■消音バッフル付属
■純正キャタライザー対応
■重量:約1kg(純正 2.3kg)
■ユーロ4承認
■公道走行不可

SC1-R スリップオンサイレンサー

■カーボンサイレンサー

■チタンサイレンサー

SC-PROJECTが新たに開発したSC1-Rタイプのサイレンサーは、今までのどのサイレンサーとも異なる、五角形のシェルが特徴である。
大径を維持しながらマウントはスリムに出来るように設計されている。

リンクパイプ部分のヒートガードには高強度&超軽量のドライカーボンを採用しており、サイレンサーアウターカバーを「カーボン」「チタン」の二種類から選択が可能。

チタンタイプのみレーザーによる「SC-PROJECT」の刻印が施されている。

【製品スペック】
■カーボン製テールエンドカバー付き
■消音バッフル付属
■純正キャタライザー対応
■重量:約2kg(純正 2.3kg)
■ユーロ4承認
■公道走行不可

【Webikeショッピング】
SC-PROJECT:新型S1000RR用スリップオンマフラー 商品ページ

【S1000RR】の新車・中古車を見る

情報提供元 [ iMotorcycle Japan ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【アプリリア Tuono V4 1100 Factory】 ディテール&試乗インプレッション …
  2. ▲コラム第2回で“憧れの1台”に挙げていたパニガーレにまたがり、思わず満面の笑み!つるのさんが乗ると…
  3. ハイクオリティかつマルチユースなバッグが新登場 トリックスターからツーリング、通勤、通…
  4. 装備を簡素化して購入しやすい価格を実現したエレクトラグライドスタンダード。ツーリング系は圧倒…
ページ上部へ戻る