スズキ「GSX-R1000」にサービスキャンペーン ABSが機能しなくなるおそれ

▲※参考画像

スズキは、「GSX-R1000」のサービスキャンペーンを国土交通省に通知した。

ハイドロリックABSユニットと車両の姿勢を検知するイナーシャルセンサ間の通信制御プログラムが不適切なため、ABS警告灯が点灯しABSが機能しなくなるおそれがある。対象のユーザーにはスズキ販売店等から案内がある。

サービスキャンペーン詳細

■サービスキャンペーン開始日
令和元年8月21日

■不具合の内容
ハイドロリックABSユニットと車両の姿勢を検知するイナーシャルセンサ間の通信制御プログラムが不適切なため、バッテリーが性能劣化した状態でエンジンを始動すると、ハイドロリックABSユニットがイナーシャルセンサ異常と誤判定することがあります。そのため、ABS警告灯が点灯しABSが機能しなくなるおそれがあります。

■改善の内容
全車両、イナーシャルセンサを対策品に交換します。

■車名
スズキ

■サービスキャンペーン対象車の車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間・台数
・通称名:「GSX-R1000」
  型式:2BL-DM11G
  車台番号:DM11G-100013 から DM11G-100806
  製作期間:平成29年7月4日 から 平成30年12月6日
  対象台数:785

【注意事項】
・対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれている場合があります。

→全文を読む

情報提供元 [ スズキ ]

20150605_mybike_impcamp_800_250

中古車や、譲渡で入手したバイクだと、リコールの情報が届かないことも。WebikeではMYバイクへの登録で、リコール情報をメールにてお届けします!
 ※アカウントの登録が必要です
Webikeコミュニティ MYバイク登録方法

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【アプリリア Tuono V4 1100 Factory】 ディテール&試乗インプレッション …
  2. ▲コラム第2回で“憧れの1台”に挙げていたパニガーレにまたがり、思わず満面の笑み!つるのさんが乗ると…
  3. ハイクオリティかつマルチユースなバッグが新登場 トリックスターからツーリング、通勤、通…
  4. 装備を簡素化して購入しやすい価格を実現したエレクトラグライドスタンダード。ツーリング系は圧倒…
ページ上部へ戻る