全日本ロードレース選手権 第6戦が8/31・9/1に岡山国際サーキットで開催

※画像は公式サイトのスクリーンショット

全日本ロードレース選手権の第6戦が、岡山県の岡山国際サーキットで8月31日(土)、9月1日(日)に開催される。

昨年までは最終戦の一つ前に位置づけられていた岡山大会だが、今年はオートポリスと順番を入れ替え、第6戦としての開催となった。JSB1000クラスは第5戦もてぎ2&4から2週間後の開催。J-GP2、ST600、J-GP3の3クラスにとっては2カ月以上のインターバルを経てシーズン後半戦開始のレースとなる。

以下プレスリリースより


昨年は台風の影響で全クラスの決勝が中止となったため、全クラスのライダーにとって2年ぶりに岡山大会の決勝を迎えることになります。

昨年JSB1000クラスの予選ではホンダ、ヤマハのファクトリー勢を抑えてホンダサテライトの高橋裕紀がトップタイムをマーク。J-GP3では中山愛理が女性ライダーとしてクラス初のポールシッターになるなど、土曜日までは話題が満載。日曜日の決勝が行われていればきっと見ごたえのあるレースになったことでしょう。今年は、どんな展開になるのかに興味が集まります。

開催要項

■大会名称

2019 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第6戦 スーパーバイクレース in 岡山

■主催

株式会社 岡山国際サーキット、一般財団法人日本モーターサイクルスポーツ協会

■後援(予定)

スポーツ庁、観光庁、岡山県、美作市、岡山県観光連盟、美作国観光連盟、岡山県経済団体連絡協議会、岡山県商工会議所連合会、岡山県経営者協会、一般社団法人岡山経済同友会、岡山県中小企業団体中央会、岡山県商工会連合会、山陽新聞社

■公認

一般財団法人日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)

■開催日程

2019年8月31日(土)、9月1日(日)

■開催クラス

JSB1000、J-GP2、ST600、J-GP3、併催MFJ CUP JP250

■会場

岡山国際サーキット

■入場料

<前売券>

土日通し4,320円(Lコード:63721)、土曜日3,240円(Lコード:63722)、日曜日4,320円(Lコード:63723)

<当日券>

土曜日4,000円、日曜日5,400円

*その他JR吉永駅からのシャトルバス利用権付き観戦券、クラブハウスラウンジパス、ピットラウンジパス、パドックパス、日曜ピットウォークパスあり

<駐車料金>

4輪各日1.650円、2輪各日1,000円

■問い合わせ先

岡山国際サーキット
〒701-2612 岡山県美作市滝宮1210
TEL:0868-74-3311

情報提供元 [ 日本モーターサイクルスポーツ協会 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 『バイクで巡るニッポン絶景道』シリーズは、ヤングマシンの姉妹誌であるモトツーリング編集長カン…
  2. 『バイクで巡るニッポン絶景道』シリーズは、ヤングマシンの姉妹誌であるモトツーリング編集長カン…
  3. 近年のバイクには、リヤカウルが小さくシートバッグやサイドバッグを載せづらいものが増えています…
  4. ▲SC1-R スリップオンサイレンサー 新たに2タイプのマフラーを追加 MotoGPでも…
ページ上部へ戻る