バイク業界の将来を担う、二輪整備士を目指す若者たち

バイクのメンテナンスや修理を行う業務は、顧客の財産と安全を守る大事な仕事だ。分解整備を行うには国家資格が必要で、整備専門学校などに通って学び、資格を取得する若者が多い。

そのような志に対し、二輪車メーカーと提携しての授業や課外活動に特色を打ち出し、二輪整備士の養成施設として学生の人気を呼んでいる学校がいくつかある。それらの学校を訪ね、二輪自動車整備士(二輪整備士)を目指す学生たちに将来への夢を語ってもらった。

二輪整備士の就職率はほぼ100%

バイクの分解整備を行う事業者になるには、全部で14種類ある自動車整備士の資格のうち、「二輪自動車整備士」以外の資格でも可能だ。しかし、バイクの整備を生業にするならば、やはり二輪に特化した二輪自動車整備士の資格(三級ないし二級)を取得することが望ましいだろう。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 『バイクで巡るニッポン絶景道』シリーズは、ヤングマシンの姉妹誌であるモトツーリング編集長カン…
  2. 『バイクで巡るニッポン絶景道』シリーズは、ヤングマシンの姉妹誌であるモトツーリング編集長カン…
  3. 近年のバイクには、リヤカウルが小さくシートバッグやサイドバッグを載せづらいものが増えています…
  4. ▲SC1-R スリップオンサイレンサー 新たに2タイプのマフラーを追加 MotoGPでも…
ページ上部へ戻る