TK SUZUKI BLUE MAX、鈴鹿8耐参戦レポートを公開

※画像は公式サイトのスクリーンショット

—以下、Team KAGAYAMA公式サイトより—

■大会名 2018-2019 FIM 世界耐久選手権最終戦 “コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第42回大会
■開催日 2019年7月25日(木)~ 7月28日(日)
■開催場所 三重県 鈴鹿サーキット(1周=5.821km)
■参戦クラス EWCクラス
■チーム名 TK SUZUKI BLUE MAX
■参戦ゼッケン 71
■参戦マシン SUZUKI GSX-R1000 L8
■装着タイヤ DUNLOP
■ライダー 津田拓也/アズラン・シャー・カマルザマン/グレゴリー・ルブラン
■結果
[予選] 15位(グレゴリー:2分09秒000/アズラン:2分10秒055/津田:2分09秒605)
[決勝] 21位/206周

TK SUZUKI BLUEMAXにとって7回目の挑戦となる鈴鹿8時間耐久ロードレースが7月28日に決勝を迎えました。今回、当初は津田拓也と浦本修充のペアで戦う予定でありましたが、急遽、第2ライダーにアズラン・シャー・カマルザマン、第3ライダーにグレゴリー・ルブランという3人体制に変更しての参戦となりました。

通常、鈴鹿8耐は、木曜日の特別スポーツ走行からレースウィークが始まるのですが、今回はレギュレーションの変更があり、水曜日、木曜日の公式合同テストからその走行がスタートしました。津田と浦本が参加した7月上旬に行われた事前の合同テストは、気温が低く、天気も良くなかったため、決勝を想定した暑い時期のデータが取れていないという状況ではありましたが、そのデータ取りよりも、新たにチームに合流した2名のライダーのマシン慣れを優先。最初に津田が、持ち込んだセットアップ違いの2台の中から1本に絞り込むと、アズランとグレゴリーを走らせながら、燃費データを取り、タイヤの選択をしていくこととなりました。

→全文を読む

情報提供元 [ Team KAGAYAMA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 『バイクで巡るニッポン絶景道』シリーズは、ヤングマシンの姉妹誌であるモトツーリング編集長カン…
  2. 『バイクで巡るニッポン絶景道』シリーズは、ヤングマシンの姉妹誌であるモトツーリング編集長カン…
  3. 近年のバイクには、リヤカウルが小さくシートバッグやサイドバッグを載せづらいものが増えています…
  4. ▲SC1-R スリップオンサイレンサー 新たに2タイプのマフラーを追加 MotoGPでも…
ページ上部へ戻る