カワサキ ニンジャH2 SX SE+ vs SE 比較試乗[最新電サス兄弟の実力を探る! #01]

降りしきる雨のなか、カワサキが新投入した「電子制御サス」採用モデルの2台をチェック。驚異的な反応速度を持つ最新のショーワ製電サスは、スーパーチャージドツアラーおよびスーパースポーツ(後編にて紹介)という異色ジャンルとどんな化学反応を見せるのか!? ツーリングに連れ出して徹底チェックした!

【ニンジャH2 SX/SX SE/SX SE+】の新車・中古車を見る

思わず乗り換えたくなる、SE+はそれほどの出来映え

路面状況に応じてリアルタイムに減衰力を変化させる魔法の脚こそ電子制御サスペンション。セミアクティブサスとも呼ばれ、従来はオーリンズやボッシュら海外勢の独壇場だった。だが’18年、ショーワが国産サスメーカー初の電サスを開発。これをZX-10Rに搭載した「SE」がカワサキ初の電サスモデルとして市販化された。そして’19年型で、スーパーチャージャー搭載のH2 SXにも最上級グレードとして電サス仕様の「SE+」が加わった。

【ニンジャH2 SX/SX SE/SX SE+】の新車・中古車を見る

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 『バイクで巡るニッポン絶景道』シリーズは、ヤングマシンの姉妹誌であるモトツーリング編集長カン…
  2. 『バイクで巡るニッポン絶景道』シリーズは、ヤングマシンの姉妹誌であるモトツーリング編集長カン…
  3. 近年のバイクには、リヤカウルが小さくシートバッグやサイドバッグを載せづらいものが増えています…
  4. ▲SC1-R スリップオンサイレンサー 新たに2タイプのマフラーを追加 MotoGPでも…
ページ上部へ戻る