世界GP王者・原田哲也のバイクトーク Vol.9 「普通のライダーでもMotoGPライダーでも、基本は同じです」

前回:原田哲也のバイクトーク Vol.8

1993年、デビューイヤーにいきなり世界GP250チャンピオンを獲得した原田哲也さん。虎視眈々とチャンスを狙い、ここぞという時に勝負を仕掛ける鋭い走りから「クールデビル」と呼ばれ、たびたび上位争いを繰り広げた。’02年に現役を引退し、今はツーリングやオフロードラン、ホビーレースなど幅広くバイクを楽しんでいる。そんな原田さんのWEBヤングマシン連載は、バイクやレースに関するあれこれを大いに語るWEBコラム。第9回は、インストラクターとして「何が基本中の基本なのか」をお話した件について。

TEXT:Go TAKAHASHI

ハイレベルなMotoGPで20歳がポールポジション

アメリカズGPでは23歳のアレックス・リンス(チームスズキエクスター)が勝ちましたね。スペインGPでは20歳のファビオ・クアルタラロ(ペトロナスヤマハSRT)がポールポジションを獲るし、レース後のテストではトップタイムだし、若手が元気なのはレース界にとってすごくいいことだと思います。若手が活躍してくれると、単純に面白いですしね。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ヨシムラは、新型KATANA用となるスリップオン「B-77」 サイクロンを発売した。 …
  2. ▲ツインリンクもてぎエンジェル(左から 五十嵐あいるさん、三春和香奈さん) バイク用品通販サイ…
  3. ヨシムラジャパンから、ブレーキレバーガードが3色展開で登場した。ブレーキレバーガードは、他車…
  4. ブレンボS15・S50タイプ用 2019年3月、東京モーターサイクルショーでデビューしたA…
ページ上部へ戻る