【石戸谷蓮 コラム】”観客として飛び込む” 全員参加型レース「ハードエンデューロ」ならではの楽しみ方とは!?

【石戸谷蓮:JNCC AA1クラス、JEC 国際A級ライダー】

【プロとアマチュア】、【選手と観客】。どんな競技においても、それぞれの間には一定の境界線が引かれているものです。だからこそ楽しめる、ということが一般的でしょう。

しかし「ハードエンデューロ」に関して言えば、境界線はあるものの、いとも簡単に飛び越えることができてしまう。それが逆に、会場全体の一体感を生み出しているのです。

今回は、そんなハードエンデューロならではの世界観や、「観客として飛び込む」独特な楽しみ方をご紹介します。

【石戸谷蓮 関連コラム】
オフロードバイクレースの世界-4 ハードエンデューロ

プロとアマチュア

一般的な競技・スポーツでは、実力差によってクラス分けされることが多々あります。お互いの力量が近いほど、より激しい競い合いが楽しめるからですね。二輪レースも同じで、コース分けが行われることさえあります。

一方、ハードエンデューロでは、ライダーの実力がどれほど離れていても、同じ環境のなかで競い合います。もちろん走るコースも一緒。しかし特徴的なのが、「コース内で単独で進めなくなったときに、敵味方関係なく互いに助け合う」、ということ。これがある種、ほかの競技であれば起こりうる、実力差による格差を中和してくれているのです。

このことが、どんなライダーとでも自然とコニュニケーションが生まれ、皆が和気あいあいとした雰囲気で過ごせる要因だと感じています。ハードエンデューロでは、選手間の境界線を簡単に飛び越えることができてしまうのです。

選手と観客

また、観客としても、独特の体験を楽しめるのがハードエンデューロ。僕自身はライダー(選手)ですが、ハードエンデューロは、どんなレベルの方が走っているのを観ても感動を与えてくれます。

トップライダーならば、その高い技術で、人が歩くのも困難な場所を華麗に駆け抜けた瞬間。アマチュアライダーならば、体力がギリギリでも死力を振り絞って、あと1cm進めた瞬間などは、その苦労を間近で眺めていただけに、拍手と歓声がその場を占めます。

また、どんなレベルのライダーであっても超えられないセクションが現れることがあります。スタッフもいない、助け合うライダーもいない。そんな時は観客(ギャラリー)の出番!!

ハードエンデューロには、ライダーを助けることを至極のこととしているスーパーギャラリーが存在します。なんと彼らは、バイクを引っ張るために、カラビナやフックをロープの先端に括りつけて、いつでもライダーを助けられるようにスタンバイしているのです。

日本ではまだ少数ですが、先日行った世界最大のハードエンデューロレース「erzberg rodeo(エルツベルグ ロデオ)」では、そのような観客が無数にいて、非常に助けられました。ライダーにとっては砂漠のオアシス、九死に一生を得るという心境です。

『後ちょっと進めない!!』そんな時には「リタイア」の文字が脳裏をよぎりますが、たまたま居合わせた観客たちのおかげで、そのセクションを通過できたという経験が少なくありません。そんなスーパーギャラリーたちは、どうしてそこまで、身を挺してまでライダーを助けようとするのでしょうか。

僕自身も観客として参加することがありますが、助けたライダーからは、心の底からの『ありがとう』がもらえます。正直なところ、助けるといっても簡単ではなく、むちゃくちゃ疲れるけど、むちゃくちゃ楽しいし、その時間には言葉にできない充実感があります。選手と観客の境界線を簡単に飛び越えてしまうような、この体験が病みつきになるのです。

「全員参加」の感動体験

通常であれば、同じフィールドにいることなどあり得ないような、【プロ・アマチュア/選手・観客】が、同じ場所で同じ感動を共有できる。そんな体験ができることが、ハードエンデューロの素晴らしい部分なのです。

【石戸谷蓮 関連コラム】
Erzberg Rodeo - 世界一過酷なエンデューロレース -

石戸谷 蓮

石戸谷 蓮 JNCC AA1クラス、JEC 国際A級ライダー

投稿者プロフィール

1991/10/11 生まれ
3歳からオフロードバイクに乗り17歳でモトクロス国際B級に昇格。
その後、高校卒業を機に鍼灸マッサージ師を目指し同時期にクロスカントリー、エンデューロに競技転向。
2012年 JNCC Aクラスチャンピオン
2013年 JNCC AAクラス 9位
2014年 JNCC AA2クラス 3位
2015年 JNCC AA2クラス チャンピオン
2016年 JNCC AA1クラス 5位
JEC 国際B級 3位
GNCC overall 89位
2017年 JNCC AA1クラス 5位
JEC 国際A級 4位

2018年 世界一過酷なオフロードバイクレースerzberg rodeoへの参戦。
    全25ヶ所のチェックポイントのうち、14ヶ所クリア。
    予選 198位/1600台
    決勝 141位/500台

    アメリカ最大のクロスカントリーレースGNCCへ日本代表として選出。

    JNCC AA1クラス 6位
    JEC IAクラス 11位

2019年 erzberg rodeo に2年連続の参戦を果たす

【石戸谷蓮SNSアカウント】
FB:https://www.facebook.com/ishidoya.ren
Twitter:https://twitter.com/ren_x_mission

石戸谷蓮の運営するオフロードバイクイベント運営HP!【CROSS MISSION】
厳しいコース設定のハードエンデューロレース!
団結力・知力・走破力!オフロードバイクとオリエンテーリングを組み合わせた新感覚スポーツ アドベンチャーレース!
初心者のための優しいオフロードバイク体験型イベント!オフ・アスレチック!
初級者~上級者まで講習を行うライディングスクール!
幅広く随時開催しております!
CROSS MISSION HP:https://crossmissionblog.wordpress.com/
FBページ:https://www.facebook.com/CROSS-Mission-448717055546206/

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. ヨシムラは、新型KATANA用となるスリップオン「B-77」 サイクロンを発売した。 …
  2. ▲ツインリンクもてぎエンジェル(左から 五十嵐あいるさん、三春和香奈さん) バイク用品通販サイ…
  3. ヨシムラジャパンから、ブレーキレバーガードが3色展開で登場した。ブレーキレバーガードは、他車…
  4. ブレンボS15・S50タイプ用 2019年3月、東京モーターサイクルショーでデビューしたA…
ページ上部へ戻る