スズキ「第11回 隼駅まつり」が8/4に開催

※画像は公式サイトのスクリーンショット

スズキ「第11回 隼駅まつり」が8月4日(日)に開催される。

1929年建築の木造駅舎、鳥取県八頭町 若桜鉄道の「隼駅」。10年前の平成20年8月8日。二輪専門誌の企画で「8月8日はハヤブサの日。隼オーナーは隼駅に集合!」と呼びかけたところ、発売からわずか2日、しかも金曜日の昼間にもかかわらず、県外から7台の「隼」が集結した。

翌年から地域の活性化を図ろうと「隼駅まつり」を開催(主催:「隼駅を守る会」会長/西村昭二さん)。その後も二輪専門誌やSNS等で広がりをみせ、今では多くのライダーが集まる、年に一度の大イベントとなっている。

→全文を読む

情報提供元 [ スズキ ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ヨシムラは、新型KATANA用となるスリップオン「B-77」 サイクロンを発売した。 …
  2. ▲ツインリンクもてぎエンジェル(左から 五十嵐あいるさん、三春和香奈さん) バイク用品通販サイ…
  3. ヨシムラジャパンから、ブレーキレバーガードが3色展開で登場した。ブレーキレバーガードは、他車…
  4. ブレンボS15・S50タイプ用 2019年3月、東京モーターサイクルショーでデビューしたA…
ページ上部へ戻る