使える! カッコいい! トップケースをつけてみた

バイクに荷物を積むとき、ネットやシートバッグのほか、パニアケースを装着するという手もあります。ただし、少し敷居が高い気もします。 そこで今回は、トップケースの装着について実例を通してご紹介します。

1.パニアケースとは? そのメリットやデメリットについて

パニアケースとは、プラスチックやアルミなどで作られた、荷物を収納することを目的とした箱状のハードケースを指します。「フル装備」「フルパニア」と表記された場合には、リヤの左右にサイドケース、リアキャリア等の上にトップケースを装着した状態を指します。たいていの場合、サイドケースで片側20~45L程度、トップケースで30~60L程度の荷物を収納することができるため、フルパニアだと100L以上を収納することもできます。

【Webikeショッピング】
トップケース・テールボックス 商品ページ

→全文を読む

情報提供元 [ Bike Life Lab supported by バイク王 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 『バイクで巡るニッポン絶景道』シリーズは、ヤングマシンの姉妹誌であるモトツーリング編集長カン…
  2. 『バイクで巡るニッポン絶景道』シリーズは、ヤングマシンの姉妹誌であるモトツーリング編集長カン…
  3. 近年のバイクには、リヤカウルが小さくシートバッグやサイドバッグを載せづらいものが増えています…
  4. ▲SC1-R スリップオンサイレンサー 新たに2タイプのマフラーを追加 MotoGPでも…
ページ上部へ戻る