令和に買いたい!【国産原二&150クラス スクーター】2019ニューモデル大集合 #31

趣味性のある250㏄オーバーから、生活の足に便利な小型モデルまで一挙掲載。近頃は、元気のなかった250~400ccのビッグスクーターが高性能になって復活したことがトピック。コミューター系は、世界的な電動化の流れを反映し、徐々にEVが充実……と様々な波が押し寄せている。

’00年代のビッグスクーターブームが終焉を迎えた後、排ガス規制の荒波もあり、250〜400スクーターのラインナップが激減。ただし、それは日本の話で、欧州を中心に生き残り、人気を維持していた。やがて環境規制の国際基準調和により、’17年頃からモデルチェンジした欧州車が日本でも販売可能に。こうしてビッグスクーターが充実してきたのが現状だ。

125ccクラスは、販売が落ち込む50ccに対し、相変わらず人気。50ccより交通の制限がない上にパワーがあり、維持費も安いとメリットが多い。

【国産/現行/原付2種スクーター】の新車・中古車を見る

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ※画像は公式サイトのスクリーンショット ヨシムラジャパンは、ヨシムラの歴史にまつわる書籍「ポッ…
  2. ウェビックバイク選びスタッフのリョウタロウです モトレポートでは、短足担当としてシート高チ…
  3. ●税込価格:1万8150円(CBR250RRは1万9800円) ●適合機種:〈ホンダ〉CBR250…
  4. TSRは、第3回目となる「FIM世界耐久選手権シリーズ(EWC)『TSR報告会』~新たなステ…
ページ上部へ戻る