ヤマハ・YZF-R25 ABS試乗インプレッション【新旧モデル比較】

激しさを増す250SSウォーズ。ヤマハは次なる一手としてYZF-R25のスタイルを一新し、倒立フォークを投入した。’15年に登場、’18年に新排ガス規制対応により36→35psとなった本モデル。今回はマイナーチェンジが施された’19年モデルと’18年モデルを用意して新旧比較を実施。その実力をチェックした!

【YZF-R25】の新車・中古車を見る

(◯)スタイリング一新で上質感を手に入れる

フロント&サイドカウルやタンクカバーの変更により、モトGPマシンのYZR‐M1やシリーズ最高峰のYZF‐R1を彷彿させるスタイリングを手に入れた新型YZF-R25。基本骨格となる鋼管ダイヤモンドフレームや、’18年モデルで新排ガス規制対応により1psダウンした249cc水冷並列2気筒エンジンなど、主たる部分には変更がない。

このことからメーカーでは’19年モデルをマイナーチェンジと位置付けているが、肉抜きデザインのトップブリッジやフル液晶メーター、そして倒立式フロントフォークの採用により、見た目の上質感は飛躍的に高まっている。

【YZF-R25】の新車・中古車を見る

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ヨシムラは、新型KATANA用となるスリップオン「B-77」 サイクロンを発売した。 …
  2. ▲ツインリンクもてぎエンジェル(左から 五十嵐あいるさん、三春和香奈さん) バイク用品通販サイ…
  3. ヨシムラジャパンから、ブレーキレバーガードが3色展開で登場した。ブレーキレバーガードは、他車…
  4. ブレンボS15・S50タイプ用 2019年3月、東京モーターサイクルショーでデビューしたA…
ページ上部へ戻る