ディテール徹底比較! W800カフェ/ストリート ~53年目の新時代へ〈後編〉

’16年に惜しまれつつも生産終了となったW800がほぼフルモデルチェンジという内容で復活した! 昭和のルックスとフィーリングを今に伝える稀有なモカワサキデルは改元を前に果たしてどのように進化したのだろうか。後編では、カフェとストリートのディテールを徹底比較する。

【W800 CAFE】の新車・中古車を見る
【W800 STREET】の新車・中古車を見る

W800カフェ:専用フロントカウルとスポーティなシートでカフェスタイルを構築

先代のW800には純正アクセサリーとしてカフェスタイルと名付けられたカウルとシートが用意されていたが、このカフェが採用するのはそれとは別物だ。グリップ位置の低いクラブマンスタイルのハンドルと相まって、往年のカフェレーサーの雰囲気をうまく構築している。ちなみにW800のフロントフォークが限定の車体色以外で黒を採用するのは、実はこの新型が初となる。

【W800 CAFE】の新車・中古車を見る
【W800 STREET】の新車・中古車を見る

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. とうとう本気だす。 WebikeスタッフのSHOESです。今回は走りに言及しつつ、実際乗ってみ…
  2. 2019年8月、アメリカのユタ州ボンネビルで開催された「Bonneville Motorcy…
  3. ライダーがお互いの位置を共有可能に ナビタイムジャパンは、2019年12月6日(金)より、…
  4. ※画像は公式サイトのスクリーンショット BMW Motorradは、対象の新車を購入するともれ…
ページ上部へ戻る