2019モデル試乗インプレッション カワサキ Z400〈後編〉【vs CB400SF/vs Z250】

1000から125まで、それぞれの排気量においてネイキッドの“Z”を展開しているカワサキ。ニンジャの単なるカウルレス版に留まらず、明確な住み分けがなされているのがポイントだ。Z400は日本のマーケットにおいても魅力的であり、ニンジャ400と並んでヒットするのは間違いない。

【Z400】の新車・中古車を見る
【CB400スーパーフォア】の新車・中古車を見る
【Z250】の新車・中古車を見る

250と設計共有で大成功、セカンドバイクにもお薦め

Zシリーズは1000を筆頭に900、650、250、そして125を展開しており、これに新たに加わったのが400である。“Sugomi”をコンセプトとするスタイリングは、ベクトルこそ似ているがそれぞれに明確な主張があり、またフレームについても設計思想は共通するが、形状や材質は各モデルごとに異なる。とはいえ、シリーズ全てに試乗した経験から感じるのは、走りの方向性が一貫していることだ。

【Z400】の新車・中古車を見る
【CB400スーパーフォア】の新車・中古車を見る
【Z250】の新車・中古車を見る

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. とうとう本気だす。 WebikeスタッフのSHOESです。今回は走りに言及しつつ、実際乗ってみ…
  2. 2019年8月、アメリカのユタ州ボンネビルで開催された「Bonneville Motorcy…
  3. ライダーがお互いの位置を共有可能に ナビタイムジャパンは、2019年12月6日(金)より、…
  4. ※画像は公式サイトのスクリーンショット BMW Motorradは、対象の新車を購入するともれ…
ページ上部へ戻る