ハーレーダビッドソン「ストリート 750」「ストリート ロッド」にリコール 最悪の場合、制動力が完全に解除できないおそれ


※参考画像

■リコール対策届出日
令和1年6月25日

■リコール対策届出番号
外-2825

■リコール対策開始日
令和1年6月25日

■届出者の氏名又は名称
ハーレーダビッドソン ジャパン 株式会社
代表取締役 グレッグ・ウィリス

■問い合わせ先
0800-080-8080

■不具合の部位(部品名)
制動装置(ブレーキキャリパー)

■基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因

ブレーキキャリパーにおいて、ピストンボア部の金属表面処理が不適切なため、表面に腐食が発生するものがある。そのため、腐食したピストンボア部分が抵抗となり、キャリパーピストンの動きを制限し、ブレーキの戻りが悪くなり、最悪の場合、制動力が完全に解除できないおそれがある。

■改善措置の内容
全車両、前後ブレーキキャリパーを対策品に交換する。

■不具合件数
0件

■事故の有無
無し

■発見の動機
本国メーカーからの情報による。

■自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置
・使用者:ダイレクトメール等で通知する。
・自動車分解整備事業者:日整連発行の機関紙に掲載する。
・改善実施済車には、フレームネック部分に外-2825のステッカーを貼付する。

■車名
ハーレーダビッドソン

■リコール対象車の車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間・台数
・通称名:「ストリート 750」
  型式:EBLXGB
  車台番号:MEG4NBBE0GN500073 から MEG4NBBEXHN502494
  製作期間:平成27年7月9日 から 平成28年12月20日
  対象台数:842台

  型式:2BLXGB
  車台番号:MEG4NBBE0JN504020 から MEG4NBBEXJN506485
  製作期間:平成29年11月10日 から 平成30年4月17日
  対象台数:87台

・通称名:「ストリート ロッド」
  型式:EBLXGG
  車台番号:MEG4NCGF0HN507128 から MEG4NCGFXHN511302
  製作期間:平成29年2月22日 から 平成29年5月2日
  対象台数:120台

  型式:2BLXGG
  車台番号:MEG4NCGE0JN500497 から MEG4NCGEXKN502856
  製作期間:平成29年7月12日 から 平成30年10月11日
  対象台数:441台

■合計
・製作期間の全体の範囲:平成27年7月9日 から 平成30年10月11日
・計4型式2車種
・計1490台

【注意事項】
・リコール対策対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれている場合があります。

→全文を読む

情報提供元 [ 国土交通省 ]

20150605_mybike_impcamp_800_250

中古車や、譲渡で入手したバイクだと、リコールの情報が届かないことも。WebikeではMYバイクへの登録で、リコール情報をメールにてお届けします!
 ※アカウントの登録が必要です
Webikeコミュニティ MYバイク登録方法

関連記事

編集部おすすめ

  1. ヨシムラは、新型KATANA用となるスリップオン「B-77」 サイクロンを発売した。 …
  2. ▲ツインリンクもてぎエンジェル(左から 五十嵐あいるさん、三春和香奈さん) バイク用品通販サイ…
  3. ヨシムラジャパンから、ブレーキレバーガードが3色展開で登場した。ブレーキレバーガードは、他車…
  4. ブレンボS15・S50タイプ用 2019年3月、東京モーターサイクルショーでデビューしたA…
ページ上部へ戻る