ホンダの新作EV ESMOコンセプトはこのデザインで原付版も欲しい?!

パシフィコ横浜で開催された、人とくるまのテクノロジー展2019に、ホンダが初公開のESMO Conceptを出品した。電動カート、いわゆるシニアカーのコンセプトモデルだが、こんな原付があってもよさそうなデザインだ。

PCXエレクトリックと同じバッテリーを使用

道路交通法では歩行者として扱われる電動カートのコンセプトモデルをホンダが初公開した。ホンダでは従来「モンパル」という4輪の電動カートを発売していたが、現在は絶版。モンパル(ML200)は、24Vの鉛バッテリーを搭載し約25kmの航続距離を実現していたのに対し、ESMOはPCX ELECTRIC(エレクトリック)と同じ1個48Vのリチウムイオンバッテリー「Honda Mobile Power Pack(ホンダモバイルパワーパック)」を搭載し、約45kmという航続距離を実現している。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 『バイクで巡るニッポン絶景道』シリーズは、ヤングマシンの姉妹誌であるモトツーリング編集長カン…
  2. 『バイクで巡るニッポン絶景道』シリーズは、ヤングマシンの姉妹誌であるモトツーリング編集長カン…
  3. 近年のバイクには、リヤカウルが小さくシートバッグやサイドバッグを載せづらいものが増えています…
  4. ▲SC1-R スリップオンサイレンサー 新たに2タイプのマフラーを追加 MotoGPでも…
ページ上部へ戻る