【これぞ最新進化形ビッグネイキッド!!】ドゥカティ ディアベル1260 S 試乗インプレッション

2019年モデルでフルモデルチェンジを受けたディアベルは、その名もディアベル1260 およびディアベル1260 Sとなった。見た目のイメージは前作を引き継ぐが、エンジンも車体も全く新しくなっている。その乗り味はいかに? 今回試乗したのはオーリンズ製サスペンションなどを装備した上級版のSである。

【ディアベル1260/S】の新車・中古車を見る

大らかなのに自在、パワフルなのに優しい

イタリアから、こんなバイクが出てくるとは! 今も身体に残るビッグツインの鼓動と、大柄なようでいて、どんな乗り方も受け入れ、自在に操れる感覚。誤解を恐れずに言えば、コイツはパフォーマンスクルーザーやスポーツネイキッドというよりも、ジャパニーズビッグネイキッドにむしろ近い。その走りの懐の深さ、車体の軽さ、そしてフルパワーをかけたときのインパクト、すべてが極上だった。

【ディアベル1260/S】の新車・中古車を見る

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ツインリンクもてぎは2020年3月13日(金)、ホテルツインリンクに、森の癒しをテーマとした…
  2. ▲テスト車はハーレーのスポーツスター883。クルーズテックは’06年式、ME888(ホワイトウォール…
  3. カワサキモータースジャパンが展開する、カワサキプラザネットワークの52店舗目に、「カワサキプ…
  4. ツインリンクもてぎは、10月19日(土)に開催を予定していた「2019 グランプリロードR1…
ページ上部へ戻る