【新車】ヤマハ「NMAX ABS」がカラーリングを変更し6/28に発売

▲「NMAX ABS」ホワイトメタリック6

市街地走行にフィットする原付二種スクーター

ヤマハ発動機は、水冷・4ストローク・SOHC・4バルブ・124cm3“BLUE CORE”エンジンを搭載する原付二種スクーター「NMAX ABS」のカラーリングを変更し、6月28日より発売する。

※ ヤマハ発動機株式会社は、“走りの楽しさ”と“燃費・環境性能”の両立を高次元で具現化するエンジン設計思想として、2014年より“BLUE CORE(ブルーコア)”を掲げています。この思想は高効率燃焼、高い冷却性、ロス低減の3点にフォーカスして性能実現を図るもので、「NMAX ABS」のエンジンもこの“BLUE CORE”思想に基づき開発しました。商標登録第5676267号。

「NMAX ABS」は、日本をはじめ世界各国で支持されている「TMAX」「XMAX」のDNAを受け継ぎ、斬新なスタイルとスポーティな走りといったMAXシリーズの特長をコンパクトなボディに凝縮し、通勤や街乗りなど、快適な移動を追求したコミューター。

「マットグレーメタリック3」と「ホワイトメタリック6」は、MAXシリーズを象徴するブーメラン形状のサイドカバーやホイールなどのコンポーネントをブラックに変更し、アクティブなシティコミューターを表現。高級感と遊び心を演出する「ビビッドパープリッシュブルーカクテル5」は継続販売される。

▲マットグレーメタリック3(新色)

なお、製造はグループ会社PT. Yamaha Indonesia Motor Manufacturing(YIMM)が行う。

【NMAX】の新車・中古車を見る

NMAX ABS

ホワイトメタリック6(新色)

マットグレーメタリック3(新色)

ビビッドパープリッシュブルーカクテル5

メーカー希望小売価格

351,000円(本体価格 325,000円/消費税26,000円)

販売計画

4,000台(年間、国内)

【NMAX】の新車・中古車を見る

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. カワサキモータースジャパンが展開する、カワサキプラザネットワークの52店舗目に、「カワサキプ…
  2. ツインリンクもてぎは、10月19日(土)に開催を予定していた「2019 グランプリロードR1…
  3. REBEL250用となる「NEO CLASSIC」シリーズにブラックカラーが登場した。先にラ…
  4. ドゥカティは、2020モデルを一挙にアンベールするワールド・プレミアを、東京モーターショー2…
ページ上部へ戻る