歴史的名車・カワサキZ1を映像で振り返る

レーサー譲りのDOHCを大量生産車で初採用し、1972年秋にデビューした歴史的名車・カワサキZ1。当時のライバル・ホンダCB750フォアを完全に凌駕し、爆発的な人気をヒットを記録し、またたく間に世界最速の座を奪った。今や伝説の名車として中古車市場でも高い人気を誇るZ1の生い立ち・スペック・走行インプレッションについて映像で振り返る。

#1 歴史 編

1966年、国産車最大排気量624ccのW1、1969年、2ストローク498ccのマッハIIIに続いて、1972年にカワサキが世界に向けてはなった決定打が「Z1」だった。最高時速200km/h以上、ゼロヨン加速12秒00を高らかに謳い、その性能は”怪物”と言われたホンダCB750フォアを完全に圧倒した。その名も「900 Super4〈Z1〉」。文字通り900cc並列4気筒の量産車だ。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ツインリンクもてぎは、10月19日(土)に開催を予定していた「2019 グランプリロードR1…
  2. REBEL250用となる「NEO CLASSIC」シリーズにブラックカラーが登場した。先にラ…
  3. ドゥカティは、2020モデルを一挙にアンベールするワールド・プレミアを、東京モーターショー2…
  4. 【ビッグマシン・ゼロ:文と写真-箱崎太輔】 今年の春にデビューとなった新型KATANA…
ページ上部へ戻る