グローバル向けに巨大化した新型ハイエース。本当は日本専用新型がある…かも!?

2月8日にフィリピンで初お披露目された新型ハイエース。新型のプラットフォームやセミボンネットの採用など、1BOX型である現行型とは大きく変わることとなった。ボディサイズもグローバル向けに巨大化し、新型ショート・標準ルーフで全長が現行型に対し+570mmの5265mm、全幅が+255mmの1950mm、全高が+10mmの1990mmと日本の4ナンバーサイズ(全長4700mm以下、全幅1700mm以下、全高2000mm以下)を大きく上回るサイズとなった。ホイールベースはなんと+640mmの3210mmに達している。

これには既存のハイエースオーナーや次期型を望む1BOXファンは驚いただろう。トヨタ自動車もそれを分かってかニュースリリースには「市場環境が異なる日本においては、従来モデルのハイエースを継続していきます」とわざわざ一文を追加したほどであった。

フルモデルチェンジから約15年

しかし、本当にそうなのだろうか!? 現行型ハイエースはフルモデルチェンジから約15年が経過。使い勝手のいい1BOX型ボディであるものの、ボンネットがなく、クラッシャブルゾーンも万全とは言えない。プリクラッシュセーフティを中心とする先進安全装備・トヨタセーフティセンスを最新改良で装備したものの、今後の安全基準や装備の進化に15年を経過したプラットフォームで追従できるのか、大きな不安が残るのも事実。トヨタ自動車がアナウンスしたとおり、本当に日本向けハイエースのフルモデルチェンジはないのだろうか!?

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 2019年6月22~23日、FIMトライアル世界選手権の第3戦オランダGPにて、TrialE…
  2. もれなくもらえる最大3万円分のポイント! 新車・中古バイク検索サイト「ウェビックバイク選び…
  3. リラックスした乗車姿勢とロングホイールベースによる怒濤の直進安定性を誇り、悠々と旅ができる……
  4. リラックスした乗車姿勢とロングホイールベースによる怒濤の直進安定性を誇り、悠々と旅ができる……
ページ上部へ戻る