ツインリンクもてぎ、MotoGP日本グランプリより、くつろぎながらコースを一望できる新観戦エリアを新設!

ツインリンクもてぎは、1コーナーを一望できる高台に設けられ、ソファやデッキチェアでくつろぎながらレース観戦を楽しめるエリア「1コーナーテラス スカイデッキ」と「1コーナーペアシート」を10月18日(金)~20日(日)に開催するMotoGPTM日本グランプリに合わせて新設し、6月1日(土)より発売する。

1コーナーテラス スカイデッキ

「1コーナーテラス スカイデッキ」は、グランドスタンド最上段と同じ高さに新設され、1コーナーから2コーナーにかけてのバトルを余すことなく一望することができます。
さらに正面には大型ビジョンも設置され、スタートからゴールまで決定的なシーンを見逃すことはありません。また、最大6名が利用できる専用のプライベート区画にはタープとソファが設置され、ゆったりとした環境の中で仲間や家族とお食事などを楽しみながらレース観戦を満喫することができます。
なお、料金には観戦エリア近くの専用駐車場も含まれておりアクセスが便利です。

■1コーナーテラス スカイデッキ価格

1区画(間口3.5m×奥行4.0m 最大6名)+ N-A指定駐車券 ※限定15区画
93,000円(税込) ※別途ご利用人数分の観戦券が必要です。

1コーナーペアシート

コースを一望できる高台に2台ペアで用意されるデッキチェアに座ってゆったりとレース観戦を楽しめる新エリアです。さらに前方には大型ビジョンも設置されるためレース展開をしっかりと把握することができます。これまでの観戦席とは異なり、アウトドア気分でゆったり座りながら、目の前が開けた開放感の中で、レースを楽しめることが大きな魅力です。

■1コーナーペアシート価格

1区画(間口2.5m×奥行1.5m 2名利用) ※限定28区画
24,000円(税込) ※別途ご利用人数分の観戦券が必要です。

1コーナーテラス スカイデッキ、1コーナーペアシート マップ

MotoGPTM日本グランプリ チケット 6月1日(土)10時より発売開始


今シーズン、すでに5戦を終え、Honda、YAMAHA、SUZUKI、DUCATIの4メーカーが激しいトップ争いを繰り広げている世界最高峰のバイクレース、MotoGP世界選手権。
そのシリーズ第16戦となる日本グランプリのチケットを6月1日(土)10:00より、ツインリンクもてぎの公式ホームページ(https://www.twinring.jp/motogp/ )をはじめ、コンビニエンスストア、プレイガイドにて発売します。今年新たに登場する、「1コーナーテラス スカイデッキ」「1コーナーペアシート」のチケットも同時に発売します。
名称にもある通り、スタート直後の1コーナーのバトルを一望できる観戦エリアから最高のレース観戦をお楽しみください。

情報提供元 [ ツインリンクもてぎ ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 2019年6月22~23日、FIMトライアル世界選手権の第3戦オランダGPにて、TrialE…
  2. もれなくもらえる最大3万円分のポイント! 新車・中古バイク検索サイト「ウェビックバイク選び…
  3. リラックスした乗車姿勢とロングホイールベースによる怒濤の直進安定性を誇り、悠々と旅ができる……
  4. リラックスした乗車姿勢とロングホイールベースによる怒濤の直進安定性を誇り、悠々と旅ができる……
ページ上部へ戻る