【動画あり】タイGPXのニューモデル、ジェントルマン レーサー200ってどんな感じ?

タイでシェア3位に食い込む新興バイクメーカーのGPXが、東京モーターサイクルショーで初公開したのは、ジェントルマン レーサー200だ。ロケットカウルにセパハンというネオクラシックのカフェレーサーとして仕上げられ、価格は39万9000円。その魅力について、映像レポートを交えてお送りする。

【ジェントルマン レーサー200】の新車・中古車を見る

タイ国内メーカーで1位、ホンダとヤマハに次ぐシェアを誇る

誕生して8年目という新興メーカーのGPXは、デザイン性の高さと価格の安さが魅力。30万円台で軽二輪クラスの新車が買えるというのは、筆者のようなオジサン世代が若かった頃の感覚に近い。日本で輸入元となるGPX JAPANの母体となる月木レーシングも、まさしく若者の入門用モデルととらえており、その先に国産車などに乗り継いでいってもらえればと語る。

【ジェントルマン レーサー200】の新車・中古車を見る

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 前回:#4 アクセルワークでマシンが安定! 令和とともに創刊した「オフロードマシン G…
  2. ※画像は公式サイトのスクリーンショット キムコジャパンは、対象モデルを購入すると、最大33,0…
  3. ツインリンクもてぎは2020年3月13日(金)、ホテルツインリンクに、森の癒しをテーマとした…
  4. ▲テスト車はハーレーのスポーツスター883。クルーズテックは’06年式、ME888(ホワイトウォール…
ページ上部へ戻る