ホンダ人気の原付二種×5台イッキ乗りテスト#4〈軽快性能編〉

前回:イッキ乗りテスト#3〈加速性能編〉

法定最高速度は60km/hで二段階右折不要など、なにかとメリットの多い原付二種。このクラスに個性的な13機種を投入しているホンダ車から5機種(モンキー125、CB125R、クロスカブ110、グロム、PCX)をピックアップし、往復240kmの下道ツーリングテストを敢行した。原付二種の魅力と言えば車体の軽さとコンパクトさを生かした軽快なハンドリング。一般道を走り回り、5車を乗り比べることで見えてきた違いをチェックする。

ハンドリングに各機種の個性が顕著に現れている

扱いきれるエンジン特性と軽さゆえにすべてが手中にあるようなハンドリング。この2つの総合力こそが原付二種の魅力といってもいいだろう。ここではハンドリング、それも軽快性に重きを置いてランキングを決定した。

→全文を読む

→次回:イッキ乗りテスト#5〈巡航性能編〉

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 前回:カスタムプロジェクト#5 セラコート塗装編 昨年2018年末の第46回マシン・オ…
  2. 前回:カスタムプロジェクト#4 フロントフォーク編 昨年2018年末の第46回マシン・…
  3. 前回:カスタムプロジェクト#3 続・塗装編 昨年2018年末の第46回マシン・オブ・ザ…
  4. 前回:カスタムプロジェクト#2 塗装編 昨年2018年末の第46回マシン・オブ・ザ・イ…
ページ上部へ戻る