ホンダ人気の原付二種×5台イッキ乗りテスト#3〈加速性能編〉

前回:イッキ乗りテスト#2〈主要装備編〉

法定最高速度は60km/hで二段階右折不要など、なにかとメリットの多い原付二種。このクラスに個性的な13機種を投入しているホンダ車から5機種(モンキー125、CB125R、クロスカブ110、グロム、PCX)をピックアップし、往復240kmの下道ツーリングテストを敢行した。大排気量車とは異なり、エンジンの全回転域を使い切れるのが原付二種の魅力。ゆえに動力性能の優劣は選択の基準となりやすい。本稿#3ではクローズドコースで加速性能と最高速をチェックした。

CBが加速、最高速ともトップに。グロム、モンキーも大健闘!

下図はスロットル全開で加速したときのグラフだ。スタートから最高速に到達するまでトップを快走するのはCB125Rで、これは体感的な加速感とも一致する。これに続くのが空冷エンジンのグロムとモンキーで、この2台は3速で引っ張りきるまでなかなかの加速を見せる。

→全文を読む

→次回:イッキ乗りテスト#4〈軽快性能編〉

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 前回:カスタムプロジェクト#5 セラコート塗装編 昨年2018年末の第46回マシン・オ…
  2. 前回:カスタムプロジェクト#4 フロントフォーク編 昨年2018年末の第46回マシン・…
  3. 前回:カスタムプロジェクト#3 続・塗装編 昨年2018年末の第46回マシン・オブ・ザ…
  4. 前回:カスタムプロジェクト#2 塗装編 昨年2018年末の第46回マシン・オブ・ザ・イ…
ページ上部へ戻る