ヤマハ「YZF-R25」他にリコール ブレーキ操作ができなくなるおそれ


※参考画像

国土交通省は、平成31年4月分の少数台数のリコール届出を公表した。

■リコール対策届出日
平成31年4月22日

■リコール対策届出番号
4494

■届出者の氏名又は名称
ヤマハ発動機株式会社
代表取締役社長 日髙 祥博

■問い合わせ先
カスタマーコミュニケーションセンター
0120-090-819

■不具合の部位等

前輪用ブレーキレバーの製造工程において、廃棄品(強度不足)の処置が不適切なため、正規品に混入し、車両に組付けられたものがある。そのため、ブレーキ操作時に当該レバーが破損し、ブレーキ操作ができなくなるおそれがある。

■車名
ヤマハ

■リコール対策対象車の製作期間・台数
・通称名:「YZF-R25」他
  型式:2BK-RG43J
  製作期間:平成31年1月29日 から 平成31年2月13日
  対象台数:39台

【注意事項】
・リコール対策対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれている場合があります。

→全文を読む

情報提供元 [ 国土交通省 ]

20150605_mybike_impcamp_800_250

中古車や、譲渡で入手したバイクだと、リコールの情報が届かないことも。WebikeではMYバイクへの登録で、リコール情報をメールにてお届けします!
 ※アカウントの登録が必要です
Webikeコミュニティ MYバイク登録方法

関連記事

編集部おすすめ

  1. 前回:カスタムプロジェクト#5 セラコート塗装編 昨年2018年末の第46回マシン・オ…
  2. 前回:カスタムプロジェクト#4 フロントフォーク編 昨年2018年末の第46回マシン・…
  3. 前回:カスタムプロジェクト#3 続・塗装編 昨年2018年末の第46回マシン・オブ・ザ…
  4. 前回:カスタムプロジェクト#2 塗装編 昨年2018年末の第46回マシン・オブ・ザ・イ…
ページ上部へ戻る