Zの全身をカーボンづくしに マジカルレーシング「Z900RS用 ストリートボディワーク」

【ビッグマシン・ゼロ:文と写真-箱崎太輔】

ティアドロップタンクに丸形ヘッドライトなどクラシカルスタイルでデビューしたZ900RS。その人気は現在も継続中だ。そのZ900RS専用のカーボンボディーパーツがマジカルレーシングからリリースされた。

カーボンボディパーツでシャープなシルエット

マジカルレーシングと言えば、レーシングフィールドからフィードバックされたノウハウと高い技術でスーパースポーツからネイキッドバイクまで幅広い車種の、高品質なボディパーツをリリースしている。

今回のZ900RS専用ボディパーツもマジカルレーシングの得意とする高強度と軽量のカーボンを使い、デザインもカーボンにふさわしいスポーティでシャープなスタイルを採用。ノーマルではタンクからサイドカバー、テールカウルにかけてやや幅のある感じだったデザインを、スリムにまとめあげた。

【Webikeショッピング】
Z900RS用 ストリートボディワーク 商品ページ

【Z900RS】の新車・中古車を見る

そして実用性にも優れている。バイザースクリーンは高い防風効果で高速走行時の疲れを大幅に軽減。軽量なカーボンなのでハンドリングへの影響も少ない。

さらに、ラジエターシュラウドは走行時の水温上昇を抑え、安定したエンジンコンディションをキープしてくれるし、フロントフェンダーはインナーチューブガードを兼ねた形状とされている。STDより長いリヤフェンダーも機能的だ。

もちろん、アンダーカウルによるイメチェン効果も見逃せないポイント。素材は平織りカーボンと綾織りカーボンの仕様違いを用意しているからカーボン素材のまま乗るのもいいだろう。素材を含め、自分のスタイルで楽しみたい。

Z900RS用 ストリートボディワーク

バイザースクリーン

▲風圧を抑えて高速走行時の疲れを軽減。スクリーンはクリアやスモーク、スーパーコートから選べる。

シートサイドカバー

▲スリムかつシャープなシルエットイメージに仕上がる。写真のダクト付きとダクトなしがある。

リヤフェンダー

▲200サイズタイヤに対応。ノーマルより80mmロングでシャープなシルエット。FRP仕様もあり。

フロントフェンダー

▲フロントフォークのインナーチューブに大きく回り込む、フォークガードを一体形状とした設計。

ラジエターシュラウド

▲走行時に効率よくラジエターに導風。安定した水温をキープしエンジンコンディションを保つ。

テールカウル・リヤフェンダーレスキット

▲車体を長く見せてくれるデザイン。

アンダーカウル

▲適度なサイズ感でスポーティーさをアップ。ノーマルマフラーにも対応。FPR製も設定する。

【Webikeショッピング】
Z900RS用 ストリートボディワーク 商品ページ

【Z900RS】の新車・中古車を見る

関連記事

編集部おすすめ

  1. 前回:カスタムプロジェクト#5 セラコート塗装編 昨年2018年末の第46回マシン・オ…
  2. 前回:カスタムプロジェクト#4 フロントフォーク編 昨年2018年末の第46回マシン・…
  3. 前回:カスタムプロジェクト#3 続・塗装編 昨年2018年末の第46回マシン・オブ・ザ…
  4. 前回:カスタムプロジェクト#2 塗装編 昨年2018年末の第46回マシン・オブ・ザ・イ…
ページ上部へ戻る