【新車】ベスパ、スポーティバージョン「Primavera S」など2019年モデルが続々登場

ピアッジオグループジャパンは、装備を充実させた「プリマベーラ50」及び、プリマベーラ150 のスポーティーバージョン「プリマベーラ S 150」を5月7日に発売した。

また角形ヘッドランプの「スプリント150」とベスパの主力モデルである「プリマベーラ125」に新色を導入した。

【Primavera 50】の新車・中古車を見る
【Primavera150】の新車・中古車を見る
【Primavera 125】の新車・中古車を見る
【Sprint150】の新車・中古車を見る

New Primavera 50

メーカー希望小売価格:378,000円(消費税8%込み)

パッショーネレッド

イノチェンツァホワイト

1963年から続く伝統のベスパ50ccモデルは、プリマベーラ125/150ccモデルと同一のボディに、4ストローク3バルブエンジンを搭載し、スムーズな加速と環境性能を両立させ、この度の改良によってLEDヘッドランプの採用と、前後12インチ化したアロイホイールによる安全性・快適性の向上を実現しています。

NEW Primavera S 150 ABS

メーカー希望小売価格:496,800円(消費税8%込み)

プロフォンドレッド

イノチェンツァホワイト、バルカンブラック

プリマベーラは1968年の誕生以来、常に進化し続けてきた歴史があります。今日においてもその革新は、Primavera S 150 によって継承されています。それはアグレッシブでスポーツマインド溢れる個性を吹き込んでいます。

Primavera 125 ABS

メーカー希望小売価格:459,000円(消費税8%込み)

エレガンツァベージュ

プリマベーラの2019年モデルには、プリマベーラの持つ柔らかいボディーラインと、歴史に裏付けられた世界観が融合した「エレガンツァベージュ」を追加しました。

Sprint 150 ABS

メーカー希望小売価格:486,000円(消費税8%込み)

サンイエロー

1960年代半ばより登場した、角型ヘッドライトデザインによる新世代のスポーツベスパは、今日ではSprint 150 としてその伝統を受け継いでいます。2019年モデルでは、鮮やかな色彩が目を引く新色「サンイエロー」を追加し、ホイールカラーをシルバーからブラックをベースに、リム部分にダイアモンドカット加工を施した仕様に変更しました。

【Primavera 50】の新車・中古車を見る
【Primavera150】の新車・中古車を見る
【Primavera 125】の新車・中古車を見る
【Sprint150】の新車・中古車を見る

情報提供元 [ Vespa ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 箱根ターンパイクと一般社団法人かながわ西結婚推進協議会は、NPO法人おだわら名工舎、中日本高…
  2. ウィズミーは、「袖ヶ浦フォレストレースウェイ走行会」を6月7日(日)に、「筑波2000走行会…
  3. ダートフリークは、ZETAから角度調整機能付きスクリーンとモバイル用マウントバーが一体となっ…
  4. モトグッツイ専売店のモトグッツイ名古屋北は、ニューモデル試乗会「Back to Ride キ…
ページ上部へ戻る