カワサキ400タイムスリップバトル〈前編〉’18ニンジャ400 vs ’94ZXR400

日本国内の’18年400cc市場において上半期トップセールスとなったNinja400は海外でも大好評。その実力は最強と謳われた往年の400レプリカと比べるとどうなのか。そんな疑問に答えるためドイツのモトラッド誌が直接対決でインプレを敢行。その模様をお伝えしよう。まずは両車のメカニズム/スペック比較から。

【MOTORRAD誌】ドイツのナンバー1バイク雑誌で月2回発行。新車のガチンコテストからツーリング、用品、それに今回のような往年モデルの紹介まで総合的な内容を扱っている。

レプリカ時代の最終兵器:KAWASAKI ZXR400

400レプリカ最後発としてライバルを凌ぐ装備を誇り、初代は’89にデビュー。さらに’91のモデルチェンジで戦闘力が大きく高められた。日本では’93の馬力規制変更で59→53psになったが、海外では65psで販売された。

【ニンジャ400 (2014-)】の新車・中古車を見る
【ZXR400】の新車・中古車を見る

→全文を読む

次回:カワサキ400タイムスリップバトル〈中編〉’18ニンジャ400 vs ’94ZXR400

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ツインリンクもてぎは、1コーナーを一望できる高台に設けられ、ソファやデッキチェアでくつろぎな…
  2. 2019年2月18日、突如トヨタ自動車からプレスリリースが発表された。なんと新型ハイエースが…
  3. スズキは、5月30日より発売するKATANAの新車(国内認定車)の購入で、「3Dクリスタル」…
  4. ▲大型二輪車 新型「KATANA」 スズキは、大型二輪車 新型「KATANA(カタナ)」を5月…
ページ上部へ戻る