「2019全日本トライアル選手権第2戦 九州大会」が5/12に宮崎県に新設されたコースで開催 

初開催の地で野崎・黒山・小川を中心に接戦を展開

日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)は、「2019年 MFJ全日本トライアル選手権第2戦九州大会」を5月12日(日)に宮崎県・えびの市矢岳高原トライアルコースにて開催する。

開催クラスは最高峰のIAスーパー、IA、IB、レディース、承認クラスのオープントロフィ。
第2戦の舞台は宮崎県のえびの市矢岳高原トライアルコース。同コースは新設のため、どのクラスのライダーにとっても初めて走る場所となる。そのため、最高峰のスーパークラスは開幕戦で優勝した野崎史高選手、2位の黒山健一選手、3位の小川友幸選手が中心となることが予想されるが、番狂わせが起こる可能性も。

IAはベテラン勢が安定しており、第2戦でも強さを見せるだろう。IBは開幕戦で優勝したルーキーの高校生・池田 力選手や、同じくルーキーで十代の廣畑伸哉選手たちなど、若手の活躍を今大会でも期待したいもの。レディースクラスは圧倒的な強さを見せる西村亜弥選手が試合をリードするだろう。
いずれにしろ、どのクラスもそれぞれに見どころが満載だ。

トライアルとは?
トライアルは他の競技とは異なり、スピードではなく技術の正確性を競います。コース内には障害物などが置かれたセクションと呼ばれる採点区間があり、そのセクションをいかにミスなく走破できたかで勝敗が決まります。

開催要項

■大会名称
2019MFJ全日本トライアル選手権シリーズ第2戦 九州大会

■主催
九州モーターサイクルスポーツ協会(MFJ九州)

■後援
宮崎県、えびの市、MRT宮崎放送、UMKテレビ宮崎、宮崎日日新聞社、(一社)宮崎県自動車整備振興会、えびの市観光協会、京町温泉旅館組合、九州運輸局

■公認
一般財団法人 日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)

■開催日程
2019年5月12日(日)※雨天決行

■開催クラス
国際A級スーパークラス(IAS)、国際A級クラス(IA)、国際B級クラス(IB)、レディース(LTR)、オープントロフィ(OPT)

■会場
宮崎県・えびの市矢岳高原トライアルコース

■入場料
前売り観戦券:1,500円(当日券2,000円 / 高校生以上※中学生以下は無料です)
●ローソンチケットLコード「81321」、チケットぴあPコード「841452」

■お問い合わせ
九州モーターサイクルスポーツ協会(MFJ九州)
TEL:092-473-2616
>>https://www.jmpsa.or.jp/block/kyushu/

→詳細はこちら

情報提供元 [ MFJ 日本モーターサイクルスポーツ協会 ]

関連記事

ピックアップ記事

  1. 前回:カスタムプロジェクト#5 セラコート塗装編 昨年2018年末の第46回マシン・オ…
  2. 前回:カスタムプロジェクト#4 フロントフォーク編 昨年2018年末の第46回マシン・…
  3. 前回:カスタムプロジェクト#3 続・塗装編 昨年2018年末の第46回マシン・オブ・ザ…
ページ上部へ戻る