鈴鹿サーキットホテル「THE MAIN」を2020年春にオープン

鈴鹿サーキットは、2020年春、宿泊施設「鈴鹿サーキットホテル」の本館である「MAIN館」を、“鈴鹿サーキットで過ごす時間を一層華やかにする”「THE MAIN」としてリニューアルすることを発表した。

「THE MAIN」は、鈴鹿サーキットの伝統と歴史に浸りながら贅沢な時間やサービスを堪能することができることをコンセプトに、客室およびロビーが生まれ変わる。

1992年に完成したMAIN館には、オープン当初からF1日本グランプリや鈴鹿8時間耐久ロードレースなどの国際レースの期間を中心に、数多くのVIPやレジェンドドライバー・ライダー達が宿泊してきた。滞在中はその息吹や、彼らが体験してきたサービスの一部を味わうことができる。

宿泊シーンに問わず、鈴鹿サーキットに関わるさまざまな思い出を、過去から現在、そして未来へと語り継ぐ機会を創出し、お客さまがその余韻に浸りながら夢をみる時間を提供する。

鈴鹿サーキットホテル THE MAIN

■規模:地上3階
■客室数:全60室(ツインタイプ 40室 / メゾネットタイプ 20室)
■客室最大定員:ツインタイプ 3名 / メゾネットタイプ 6名
※料金、オープン日、予約開始日は決定次第お知らせします。

情報提供元 [ 鈴鹿サーキット ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 前回:カスタムプロジェクト#5 セラコート塗装編 昨年2018年末の第46回マシン・オ…
  2. 前回:カスタムプロジェクト#4 フロントフォーク編 昨年2018年末の第46回マシン・…
  3. 前回:カスタムプロジェクト#3 続・塗装編 昨年2018年末の第46回マシン・オブ・ザ…
  4. 前回:カスタムプロジェクト#2 塗装編 昨年2018年末の第46回マシン・オブ・ザ・イ…
ページ上部へ戻る