今週の愛車ピックアップ 最強のツーリングバイク[VERSYS1000]

VERSYS1000 2016 年式
オーナー:晋パパさん

今回は、最近登録されたMYバイクの中から、”晋パパ”さんのVERSYS1000をご紹介します。

VERSYS1000は、アドベンチャー系ボディにNinja1000/Z1000系エンジンを搭載したマルチパーパスバイクです。

スポークホイールでないことからもイメージできそうですが、「オフロードもドンと来い!」というタイプではなく、オンロードが得意なバイクです。そもそもアドベンチャー系の直4って珍しい気がしますが、「4発ですけどなにか?」という存在感が良いです(笑)

オーナーの晋パパさんは、「最強のツーリングバイク」というほどVERSYS1000に満足されています。
高速道路でのウィンドプロテクション、ワインディングでのフットワーク、渋滞でも気にならないクラッチの軽さや低速トルク、積載性能・・・日帰り800kmもあるツーリングに何度か出掛けられたそうですが、全然疲れず、むしろもっともっと走り続けたいと思うほどだとか!
ただし、体格の違いによる取り回しの良し悪しはありそうですので、購入を検討される場合は注意したいですね。海外向けも含め、250cc、300cc、650ccなどもラインナップされています。

もともとカワサキの4気筒が好きだったということもあり、晋パパさんにとっては本当に理にかなった存在になっているVERSYS1000。舗装路メインでツーリングを楽しまれる方にはオススメです!

<MYバイクコメントより>
長所:Z1000&Ninja1000譲りのパワー、高速道路で何のストレスも感じないウィンドプロテクション、ワインディングでは大柄な車体を寝かせてグイグイ曲がり何だか上手くなった気にさせるフットワーク、渋滞も気にならないクラッチの軽さと低速トルク、充分過ぎる積載性に軽々かけられるセンタースタンド、舗装路前提であれば、これ以上ない最強のツーリングバイクだと思っています。日帰り約800kmのツーリングに何度か出掛けていますが全然疲れず、むしろ時間が許すならもっともっと走り続けたいと思いました。
短所:ほぼ不満点はありません。強いていうなら
・メーターの液晶部、現在時刻と距離計を同時に表示できない
・スクリーンの高さ調整時、バイクから一旦降りる必要がある
どちらもこのバイクの本質的な魅力とは関係ない些末な問題で、短所というほどの事でもありません。
アドベンチャー系の中ではオフロード走行は不得手だと思いますが、私の使い方では基本的に自らダートを選ぶ事はしませんので何の問題もありません。
アドバイス:アドベンチャー系では4気筒はどちらかというと異色の存在で色物のようにみられがちですが、舗装路メインのツーリングバイクとしては、本当に理にかなった存在だと思います。物理的な大きさから取り回しや足つきに不安を感じる方以外には、自信をもってお勧めします。

>>Webikeコミュニティで「晋パパ」さんのバイク詳細情報をみる

バイクのスペックやユーザーレポート、新車・中古車情報など盛りだくさん!
【VERSYS1000:オススメ関連情報】
VERSYS1000 の関連情報を見る
VERSYS1000 の新車・中古車情報を見る
VERSYS の関連記事

■バイクがもっと楽しくなる Webikeコミュニティ

関連記事

編集部おすすめ

  1. 伝統を受け継いだ最新のハーレー 115周年を迎えたハーレーダビッドソンが2018モデル…
  2. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 前後16インチのFLスタイルにワイヤースポ…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 77年に登場した「ローライダー」は当時…
  4. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 ファットボブは旧ダイナファミリーから移籍し…
ページ上部へ戻る