国内二輪4メーカーが電動バイクで連携 統一規格で世界に挑もうとしている

【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】

電動化に向けてビッグ4が足並みを揃えた

国内2輪大手のホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキの4社が電動バイクの普及に向けた協議会を立ち上げることになった。バッテリーや充電設備などの規格統一化や共用化などを進め、国際競争力を強化するのが狙いだ。

ホンダとヤマハはすでに先行してスクーターなど原付一種(50cc)に関しては業務提携の形で、2017年からさいたま市で実証実験を開始。これにより、従来の電動バイクが課題としていた航続距離・充電時間・性能・コストなど問題をクリアし、原付を中心とする電動バイクの普及を目指すとしていた。

プロダクトの面でもヤマハは2015年より電動スクーターの量産市販モデルのE-Vinoを投入、ホンダも昨年からPCXエレクトリックをリース販売するなどそれぞれ実績を上げている。これに今回からスズキとカワサキも加わり、本格的な電動化に向けて世界のビッグ4である国内4メーカーが足並みを揃えたことになる。

電動化はもはや待ったなし

環境問題への対応から世界的に排ガス規制強化が進む現在、2輪を含むモビリティの電動化は避けては通れない道だ。ただ、EVの心臓部に当たるリチウムイオン電池や次世代の高密度エネルギー電池の開発、EVの普及に欠かせないインフラの要となる充電設備の整備などには莫大なコストがかかるため、これまで既存の二輪車メーカーは単独でのEV開発に二の足を踏むことが多かった。

ただ一方で世界に目を転じると、台湾の「Gogoro(ゴゴロ)」などは街中で簡単にバッテリー交換ができる充電ステーションと自社電動スクーターをセットにしたビジネススキームで販売台数を大幅に増やすなど成功している。また、先日の東京モーターサイクルショー2019で日本初公開され注目を集めたKYMCOの電動スーパースポーツ「Super NEX(スーパーネックス)」は、高性能モーターと6速ミッションを搭載し0-250km/hに僅か10.9秒で到達する高スペックを披露。さらに今年の秋に米国で発売予定のハーレー・ダビッドソン初の電動バイク「Live Wire」は時速60マイル(約96km/h)まで3.5秒で加速し、フル充電で110マイル(約176km)走行可能とし、既存のガソリン車のスポーツバイクに匹敵する性能を有するなど、趣味でバイクを楽しむファン領域でも存在感を示しつつある。

こうした中、近年において世界の2輪業界を牽引してきた国内メーカーとしても、EVへの進出はもはや待ったなしの状況と言えるだろう。

いまこそオールジャパンで挑むべき

にわかに活気を帯びてきた日本の電動二輪の動き。歴史を振り返ってみても時代に逆行することはあり得ない。19世紀は蒸気機関、20世紀は内燃機関、そして21世紀はエレクトリックの時代であることは間違いなく、各国の基幹産業でもあるモビリティの覇権を巡る世界の動きはますます加速していくだろう。今こそ異業種・他業種ともタッグを組んだ、オールジャパン体制で世界に挑むことが求められている。

ケニー佐川

ケニー佐川 Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. NEXCO中日本 東京支社および名古屋支社は、E1 東名高速道路全線開通50周年を記念して、…
  2. インディアンモーターサイクルは、 5月4日(土)に熊本県・三愛レストハウスで開催される「Lo…
  3. トライアンフのモダンクラシックシリーズの中で、ベーシックモデルと位置付けられる2台が、初のモ…
  4. 初開催の地で野崎・黒山・小川を中心に接戦を展開 日本モーターサイクルスポーツ協会(MF…
ページ上部へ戻る